ディフェンス

ディフェンスの3原則 ポジション・ビジョン・トーク 【バスケ理論】

こんにちは、三原です。

お読みくださり、ありがとうございます。

今回は「ポジション・ビジョン・トーク」というお話をさせて頂きます。

この記事を読むメリット

  1. チームディフェンスの考え方がわかる
  2. 具体的になにをやれば「チームでプレイする」ことになるのか、その3つがわかる

今まで、バスケットボールの個々のディフェンス技術について解説してきました。

  1. ボールマンには「ワンアーム」
  2. 隣のディフェンスは「ディナイ」
  3. 隣の隣は「ピストル」

このように3つの役割を、それぞれ学んできました。

今回からは、チームでディフェンスする方法をお話します。

まずチームでディフェンスする大前提として、

「ポジション・ビジョン・トーク」

という考え方があります。

「ポジション・ビジョン・トーク」の3原則を理解することなくして、バスケットボールの試合で良いチームディフェンスを行うことは不可能です。

これから具体的な技術論に入る前に、この3原則をしっかりと理解しましょう。

(1)ポジション

ポジションとは「構え」という意味です。個人の姿勢と、チームでのポジション取りという2つの意味があります。

個人の姿勢は、例えばボールマンにマッチアップするときは「動ける範囲で最大限の足幅」であったり、「ヒール=トゥ」であったりします。このような物理的な構えに加えて、「絶対にボールを取ってやる」、「いつまでもしつこくディフェンスするぞ」というようなメンタル面の心構えも含みます。

一方、チームでのポジション取りというのは、「ボールマン」、「ディナイ」、「ピストル」の役割を、やるべき人がやる、ということです。

簡単に言えば、次のようになります。

  • ボールには、ボールマンディフェンス。
  • ボールの隣は、ディナイ。
  • ボールの隣の隣は、ピストル。

この図で言えば、ボールは#1が持っています。なので、ボールにマッチアップしているAは「ボールマンディフェンス」のポジションを取ります。

ボールの隣は#2、#3です。そのマッチアップのBとCは、パスを出させないように「ディナイ」します。

#4はボールから一番遠く、「隣の隣」になります。マッチアップしているDはボールに寄って「ピストル」です。

このように、全員が役割を果たすことで、はじめてチームとしてディフェンスが機能するのです。例えば、

  • ボールマンががんばっても、ディナイしてなければ簡単にパスされて終わり。
  • ボールとディナイをがんばっても、ピストルをしていなければ、抜かれて終わり。
  • ディナイとピストルをがんばっても、ボールにマッチアップしなければ簡単にシュートされて終わり。

このようになってしまいます。

誰かが抜けていてもだめなのです。ボール、ディナイ、ピストルが同じ激しさで、3拍子揃ってはじめて機能します。

コート上の全員が正しい「ポジション」とは、このような意味です。

(2)ビジョン

ビジョンとは「視野」という意味です。

簡単に言えば、「常にボールとマークマンを見失わないようにする」ということです。

いくら必死にディナイしても、ボールがどこにあるのかを見えていなければ、パスを予測して止めることはできません。

ピストルの正しいポジション取りができていても、ボールしか見ていなくて、マークマンを見失ってしまえば、簡単にパスを通されてしまいます。

このように、特にディナイとピストルについて「ボールとマークマン」を視野に入れる必要があります。

私はこのことを指導するときに「顔の前に顔」という合言葉を使っています。

下の写真を見てください。

(写真:倉石平のディフェンシブバスケットボールより引用)

これはディナイの場面です。

自分の顔の前に、相手の顔」があるのがわかると思います。

この関係になっていれば、ボールとマークマンの両方を同時に見ることができます。

逆に次の写真はどうでしょうか?

これでは「自分の顔の前に、相手の顔がない」状況です。

この関係になると、ボールまたはマークマン、どちらか一方しか視野に入れることができません。

この例はディナイの場面ですが、同様のことがピストルでも言えます。

私がビジョンを指導するときに「顔の前に顔」という合言葉を使うのは、このような意味です。

 

(3)トーク

トークとは「しゃべる」ということです。

広い意味では「コミュニケーション」ということになります。

意志の疎通が必要であり、それぞれの気持ちや状況を伝え合うということです。

コミュニケーションというのは、声による連絡に限りません。

例えばアイコンタクト、ボディランゲージ、肩をたたくなど、非言語のコミュニケーション方法はたくさんあります。

しかし「トーク」と限定しているのは、バスケットボールの試合中で、声による連絡はとても効果があるからです。

実際の試合では目まぐるしく状況が変わります。

それに対応するには、声を出すのが一番簡単で、早いです。

ディフェンスで言えば、ボールマンに対して「ボールいいよ!」と大声で伝えれば、味方のみんなに伝わります。すると瞬時に「あ、俺もディナイをがんばらないと」となるわけです。

また、後ろからピストルをしている味方が「右、カバーOKだぞ!」と大きな声で伝えれば、ボールにマッチアップしている味方に伝わります。ボールにマッチアップとき、背中に目はありませんから、後ろの状況はわかりません。でも声で後ろにカバーが準備していると分かれば、「よし、思い切りよくボールマンに当たろう。抜かれても大丈夫だから」となるはずです。

声は技術として、常に出す習慣を身につけましょう。

しかし、最近の高校生は声を出してしゃべることが苦手な生徒が増えたように思います。私の指導しているチームでもそう感じます。これは時代の流れもあるのでしょうが、逆に言えばこのような時代だからこそ、意識的に声が出れば、それだけでかなりの武器になることは間違いなしです。

 

「ポジション・ビジョン・トーク」について解説してきました。

それぞれに納得してもらえたと思います。自分の役割を果たす「ポジション取り」をして、

  • 常にボールとマークマンを「ビジョン」に入れて、
  • 絶えず声による「トーク」で連携する。

「チーム全員でディフェンスしよう!」という言葉では、曖昧で具体性に欠けます。

それを具体化した原則が「ポジション・ビジョン・トーク」なのです。

チームディフェンスを強化したいとき、伸び悩んでいるとき、この3原則のどこに改善点があるのか考えると、きっと答えが見つかるはずです。

最後までお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる