オフェンス

フレックスオフェンスをポジション固定でプレイする方法

こんにちは、三原です。

フレックスオフェンス、最高ですよ。

今も昔も、世界で最も効果的なセットオフェンスと言えるでしょう。

フレックスオフェンス バスケでもっとも守りにくいセットプレイこんにちは、三原です。 フレックスって、時代を超えて、すばらしいオフェンスなんですよね。 たぶんこの世で一番守りにくいセット...

しかし、ひとつデメリットがあります。

それは、ポジション関係なくプレイしないといけないということ。

これはもちろんメリットでもあります。

  • ガードもゴール下でプレイする
  • センターもアウトサイドでプレイする
  • 誰もがすべてのプレイをする

これがフレックスオフェンスのメリットです。

でも、中高生のチームづくりを考えたときに、やっぱりポジションをある程度固定した方が教えやすいし、チームづくりがしやすのが事実でしょう。

とくに背の高い選手にはやっぱりゴール下でプレイさせたい。

でも、ポジションを固定するとフレックスのような組織プレイはできないのだろうか?

そんな悩みをお持ちの方は、この記事を最後までお読みください。

YouTubeでも解説していますので、そちらもぜひ見てくださいね。

わたしのチャンネルは音声だけでも学べるようにしていますので、聞き流しでもOKです!

センターが外に出ちゃう問題

まず、フレックスの基本的な動きを確認しましょう。

4と5がセンターだとします。

最初はエンドライン近くにポジションを取ります。

そして、最初のプレイとして横のスクリーンをかけるために、5は1のところに動きますね。こんな感じです。

その次に、2がダウンスクリーンにくる。それを使って5が上がる。

問題はここです。ゴール下でプレイさせたいはずの5が、アウトサイドに出ちゃうんですよね。

フレックスのメリット

フレックスのメリットは、3つですね。

  1. パスが主体でプレイしやすい
  2. ゴール近辺のシュートが増える
  3. 個人に頼らず、チームで得点できる

ミニバスからNBAまで、昔も今もフレックスが世界中で使われている魅力はここにあります。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1315397331898957824?s=20

 

うーん、フレックス。すばらしい!

この良いところはそのままに、センターはインサイドで、ガードはアウトサイドでプレイし続けたい!

そんなぜいたくなこと、できるんでしょうか?

はい、できます。かんたんです。

結論としては、横の動きだけを使えばいいんです。

ポジション固定の「横だけフレックス」

ということで、プレイを紹介します。

  • 1と2がガード
  • 3がフォワード
  • 4と5がセンター

ということです。

最初のフレックスアクション、1から2へのパスをします。そのパスに合わせて、4が3にバックスクリーンですね。

この3にパスが入れば、レイアップになるので最高ですね。

  • 2から3
  • 5から3

どちらからのパスでもOKです。

でも、パスがゴール下に通せなければ、1にパスを戻しましょう。

そして逆サイドの4にパスを展開して、逆サイドでスクリーンです。

さらに、4からインサイドの5にパスを入れましょう。

ボールを持った5は、ゴール下でパワープレイで勝負です。

1はスペースを作り、返しのパスをもらいやすくするために、2にアウェイスクリーンをしましょう。

このようにダウンスクリーンを省略して横のスクリーンだけにすれば、

  • 3、4、5はずっと下で
  • 1、2はずっと上で

ポジションを固定してプレイすることができます。「横だけ」っていうのは、こういうことです。

ゴール下にボールを集める

このプレイをするときに3、4、5は比較的体が大きくて、インサイドに強いことが条件です。

一時的にウイングやコーナーに広がりますが、そこでシュートが打てる必要はありません。

それよりも、逆サイドのスクリーンを使って、ゴール下に走り込むプレイがメインです。

ここでボールをもらい、ゴール下で1対1を仕掛けましょう。

そしてガードの1と2は、ポストへのパスを狙いつつ、返ってきたボールを逆サイドに展開することが主な仕事です。

もちろん、ディフェンスが収縮したときはアウトサイドからシュートを放ってください。

つまりこの横だけのフレックスを使えば、

  • インサイドにボールを集める
  • ディフェンスが収縮
  • アウトサイドがノーマーク

という、最も基本的なセットオフェンスのパターンがかんたんにできるようになるのです。

ショットクロックが少なくなったらピック

パスをだいたい7回も回せば、自然とノーマークができるでしょう。

でも、攻め切れないときはピックをするという約束も作っておきます。

ショットクロックが5秒を切り、それでもシュートチャンスがないときはピックします。

動きはかんたん。今までの動きの流れで、ボールマンにスクリーンに行くだけです。

たとえば、4がボールを受けて、逆サイドから5がカットしてきた。

そのまま動いて、ボールマンの4に5がピックしちゃいましょう。

これはサイドピックの例ですが、もちろんガードにスクリーンに行って、ハイピックをすることもできますよ。

周りがみんな立ち止まり、ボールを1人が長く持って「ピックに来てよ」とか言ってからピックに行くと、だいたいディフェンスにハマります。ディフェンスに読まれて、せまいところをドリブルすることになるからです。

でも、フレックスの動きの中で、そのままピックに行くとディフェンスはヘルプに寄ることができません。広いスペースでピックプレイを完成させることができます。

作曲はできなくてもアレンジはかんたん

以上がポジションを固定するフレックスです。

これは言うまでもなく、フレックスオフェンスをアレンジしたものですね。

このように、オフェンスは自分のチームに合わせて、ちょこっとアレンジすることができます。そしてそれこそがオフェンスの楽しさです。

ゼロベースから独自のオフェンスを作ることは、とても難しいです。

でも、作曲はできなくても、アレンジすることはかんたんです。

フレックスを横の動きだけでやるように、あなたもぜひ自分のチームに合わせてオフェンスをアレンジさせてください。

ありがとうございました!

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる