コラム

ポジション別練習のやり方

こんにちは、三原です。

今日から何回かバスケの「ポジション」についてお話ししますね。

というのも読者さんからよくある質問で、

「ポジションは決めた方がいいですか?」

ということを聞かれるからです。

わたしは、ポジションは決めた方がやりやすいと思います。

ポジションを決めると

  • 役割がはっきりする
  • 自分に必要なものがわかる
  • チームの合わせがしやすい

などというメリットがあります。

逆にいえば、「それしかできなくなる」というデメリットもあるかもしれません。

一方で、ポジションレスにすると

  • 役割がはっきりしない
  • 選択肢が多すぎる
  • チームの合わせがしにくい

というデメリットがあります。

メリットは「いろんなプレイが身につく」ということですね。

お互い相反することですが、わたしはどちらかというとポジションは決めた方がいいと思います。

理由はかんたん、「時間は有限」だからです。

限られた時間で良い成果を出すにはやっぱり無駄を省きたいですね。

であれば、役割を明確にして自分のポジションをまずはやらせる。

その上で、次は他のポジションにチャレンジしてみる。

こういった順にした方が最初から「自由にやれ」よりもいいと思ってます。

では、ポジション別の練習の仕方はどのようにするのか。

それは「戦術」をまず決めることです。

要は、インサイドに何人置くかを決めるってことですね。

ふつうなのは3アウト2インです。

センターが頼りになるなら、またガード主体で行くなら4アウト1イン。

まったくセンターを置かないなら5アウトですね。

  • 3アウト2イン
  • 4アウト1イン
  • 5アウト

この3つのうちから選ぶことになるでしょう。

他にもありますがまずはこの3つで十分です。

で、セットが決まったらそこから分解練習が決まってきます。

たとえば3アウト2インなら

  • センター同士の2対2
  • アウトサイドの3対3

という2つの練習をコートの両サイドでやる。

その後に5対5をやる。

という順にするとうまくいきます。

わたしがポジション別で練習をするならこんな考え方をするというお話しでした。

今日も最後までありがとうございました。
三原学でした。それでは、また。

ABOUT ME
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する