バスケ

【バスケ】ピック&ロールとバックドア 成功のコツは周りのスペーシングです

【バスケ】ピック&ロールとバックドア 成功のコツは周りのスペーシングです

 

こんにちは、三原です。

バスケで最近注目されているプレイが2つあります。

  • ピック&ロール
  • バックドア

どちらのプレイももうまくいくと

ゴール下でかんたんな2点がとれるという共通点があります。

かんたんにプレイを解説すると、

ピック&ロール

ピックとはカベという意味です。

まずはボールマン1に味方の2がカベになります。

ディフェンスAをおさえ込んで、1はノーマークになります。

それを止めようとBが出てきたら、

カベをしていた2がノーマークです。

このようにピックをかけて強制的にノーマークをつくるプレイです。

続けてバックドア

1が2からパスをもらおうとしています。

そこにディフェンスXがディナイです。

パスコースが防がれています。

こうなったらリング方向に走り出します。

ディフェンスを出し抜いて、ゴール下でノーマークです。

正面ではなく、後ろのトビラからひょいっと忍び込むみたいなプレイなので、バックドアっていいます。

ボールマンが大事じゃない

ピックとバックドアが現代バスケで流行っているので、

  • これはいいプレイだ!
  • ぼくたちもやろう!
  • うちの子たちにも教えよう!

となるチームも多いことでしょう。

それはもちろんOKなのですが、

大事なのはプレイのコツがなにかを知ることです

たぶん、ピックもバックドアも多くのチームは、

パスの練習に取り組むはずです。

  • パスフェイク
  • ハンドリングのスキル
  • バウンドパス

こういったことを練習するはずです。

でも、ちょっとちがうんですよね。

たいして大事じゃないんですよ、それって。

そんなにこまかく練習しなくても、ボールマンのプレイは身につきます。

逆にいえば、ボールマンのスキルの差ってそんなに出ないんです。

それより大事なのは、他の3人がどこにいるかなんです。

スペーシングが命

ボールにかかわる2人はうまいのに、

他の3人がじゃまをしているので、プレイが成功しない。

こういうことってよくあります。

でもそのスペースの大事さに気づかずに、

ボールマンのスキルを高めようとし続ける指導者、多いんです。

ちがいます!スペーシングなんです!

これは動画をみるのがわかりやすいでしょう。

先日こういったツイートをしました。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1271302344483827712?s=20

このプレイは、あえてせまいところを1か所つくり、バックドアを成功させてます。

すばらしいオフェンスアイデアです。

続いてピックのプレイは、こちらのツイートをどうぞ!

https://twitter.com/coach_manabu/status/1271246171172790272?s=20

ピック以外の3人がうまくスペースをつくってるのがわかりますね。

こういうことなんです。

 

オフボールはとにかく動け、走れってことともちがいます。

止まって待っておく、というのも立派なプレイのひとつです。

プレイヤーはボールのスキルだけでなく、スペースを意識してみましょう。

そして指導者は、スペーシングの管理人ってつもりでプレーを見てみてください。

  • どうしてぼくのプレイはうまくいかないんだろう?
  • なんでうちのチームは得点力がないんだろう?

こんな悩みを解決してくれるのは、スペーシングですよ!

最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てる資料があるはずです。

わたしの作品集ページになっています。

「バスケの大学・図書館」はこちら

ありがとうございました。それでは、また。

 

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!