オフェンス

【バスケ】セットオフェンスを作るコツ

こんにちは、三原です。

オフェンスの指導が苦手

自分のチームに得点力がない

こう悩んでいるあなたにはこの記事は役に立ちます。

YouTubeの動画もあるので、そちらもご覧ください。

音声だけ聞き流してもOKなように作っています。

自分のオフェンスを作ろう

オフェンス指導に悩んでいるあなたは、きっと思考停止で他人の真似をしたことがありますね!?

そういうわたしが、昔そうだったから、その気持ちわかります。

  • あのチームのオフェンス、いいな
  • NBAではこれが流行ってるのか
  • よし、やろう

こう思って、やっちゃうんですよね。

でも、やめた方がいいです。

わたしたち指導者は、人の真似をして、ぜんぶを真似て失敗することが多いからです。

理由はかんたんで、あなたのチームには、あなたのチームにしかいない選手がいるからです。

そして、その選手に合ったオフェンスではなければ、失敗するんです。

最初は真似でいいんです。でも、それを自分のものにしていきましょう。

ゼロからの作曲は難しくても、アレンジはできますから。

選手の特徴に合わせる

今、NBAでは「5アウト」のオフェンスが流行しています。

ポジションが関係なく、全員がリングに正対して、全員がリングに背に向けてプレイする戦術です。

  • これがNBAでやっているんだから
  • プロがやってることなんだから、間違いない
  • よし、これをやろう

という思考停止は、やめておきましょう。

まず考えるべきは、自分の選手の特徴です。

たとえば、あなたのチームに背の高いプレイヤーがいたとします。

それなのに5アウトはもったいないです。

背の高いプレーヤーがいるならば、3アウト2インでポストを使った方がいいです。

当然なことかもしれませんが、意外とこれができなかったりします。

どうしても勝ちたい、なんとかいいチーム作りたい。

その気持ちが空回りして、他人のを思考停止で真似ちゃうんです。

なのでちょっと立ち止まって、「自分の選手に合ってるか?」を確認しましょう。

セットはいろいろある

5アウトと3アウト2インのように「インサイドに何人置くのか」でセットの形は決まります。

もちろん、その人数が多い方が、インサイド主体のオフェンスになります。

ただし、それだけではなく「変形」のセットもあります。

たとえば、全員がフリースローラインより高い位置に上がる「1−4」。

ゴール下に広いスペースを作れるのが特徴です。

それとはまったく逆の発想で、インサイドの3人置く「トライアングル」もあります。

徹底的にインサイド勝負を仕掛けるセットです。ガードが攻めるスペースはほぼありません。

自分のチームの選手に合わせて、セットはいろいろ考えられるってことを知っておきましょう。

動いたところを攻める

形を決めたら、次は攻める動きを作ります。

バスケットボールのコツは、これ覚えておいてください。

動いたところを攻める

これ覚えておいてください(2回目)

言い換えると、

攻めたいところは空けておけ

ってことですね。

具体的にいうと、インサイドで5に勝負させたいとします。

だったら、最初から5をここに置かないことがコツです

わざと逆サイドにおきましょう。

そして4がスクリーンをかけに行くようにします。

すると一瞬、攻めたいところのスペースがぽっかりと空きますね!

このスペースに、スクリーンを使って5が飛び込むんです。

こんなふうにした方が、パスも通りやすいし、ボールをもらった5も攻めやすくなります。

なので

動いたところを攻めろ

攻めたいところは空けておけ

なんです。

まとめ

今日のまとめ
  • 熱心な指導者ほど他人の真似をしがち
  • 最初は真似でももちろんOK
  • でも、自分の選手に合わせてアレンジしよう
  • 思考停止は失敗する
  • NBAの流行りがあなたに向いてるとは限らない
  • インサイドに何人置くかでセットの形が決まる
  • 変形セットもたくさんある
  • 攻めたいところは空けておけ
  • 動いたところを攻めろ

というお話しです。

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する