コーチング

練習計画の立て方 【バスケ理論】

こんにちは、三原です。

今回は「練習計画の立て方」というお話です。

この記事を読むメリット

  1. 効果的な練習のメニューがわかる
  2. 毎日どんな練習を行うべきかがわかる

これを読んでくださっている方がバスケットボールの指導者だとすれば、

今日の練習は何をやろうかな?

というのは常に考えていることでしょう。

どんな練習をしたらいいのか?それを悩んでいる方も多いことでしょう。

わたしも若いころから、真似したいチームの練習を見学させてもらったり、自分のチームと合同練習をお願いしたりしてきました。

正解はないのかもしれませんが、わたしも指導歴15年間のなかで、

これは押さえたほうが良いポイン

というのがあります。

今日はその紹介です。

練習時間を1/3に区切ろう

まずオススメしたいのは、練習時間を1/3に区切ることです。

たとえば、全体の練習時間が

  • 2時間だったら 40分×3セット
  • 2時間半だったら、50分×3セット

くらいに分けます。

こうすることで、練習内容につながりを作りやすくなります。

最初の1/3は「フットワーク」

まずは「フットワーク」です。

これは完全に個人の技能を伸ばすことが目的になります。

そして同じ内容を毎日くり返しましょう

まあフットワークと言っても、いろいろあります。

  • もも上げ
  • ダッシュ
  • サイドキック
  • ディフェンスフットワーク

といったボールを持たない動きから始めましょう。

これは選手にとっては嫌いなものが多いですが、理解させて取り組ませましょう。

その次はボールを持って

  • スクエアパス
  • レイアップ
  • ジャンプシュート
  • 3メン
  • 5メン
  • 3対2などのアウトナンバー

などをやります。

バスケは球技なので、とくにパスは最も重要です。

ボールを使って走ることを習慣にします。どんどん走りましょう

さらにわたしは

  • ピボット
  • 1対1
  • ドリブルなし2対2、3対3

などの対人技能も欠かさずやっています。

体力とボールハンドリングに加えて、判断力を養うには対人練習が必要です。

とくにドリブルなしの2対2、3対3はオススメです。

本気でやれば、すべての能力が鍛えられるからです。

時間がないときは、極論、「走り込み」と「ドリブルなし」だけやっておけばOKだと思います。

以上がフットワークです。

個人技能と体力をのばす時間帯になります。

次の1/3は「テーマ」

ここはそのときによってチームに必要だと思うこと、になります。

たとえば練習試合をしたら、速攻でミスが多かったとします。

だから速攻の練習をやりましょう、みたいな感じです。

よくあるテーマは

  • チームディフェンスの確認
  • スクリーンプレイ
  • 速攻

こういったことでしょうか。

実際のゲームに近い形で、一部分だけを切り取って、それをくり返す。

そんな内容の練習をつくりましょう。

指導者が見て、感じて、考えることも大事ですが、何をテーマにすべきかは、選手の意見も聞いてみましょう

とくに試合後などは、選手の意見を取り入れて練習をすると、意識が高まります。

一番良くないのは、選手が「なんでこれをやるのかよくわからん」という状態です。

それだけは気をつけます。

最後の1/3は「ゲーム」

最後は「ゲーム」です。

5対5で、ふつうにゲーム形式をしましょう。

わたしの場合は、チームプレイを重視しているので、5対5もドリブルなしからやります。

オフボールの動きを考えて、良い習慣を身につけてほしいからです。

ドリブルなし5対5、かなり効果はあります。

最後はふつうのルールでゲームです。

ゲームが嫌いな選手はいませんから、みんなよろこんでやります

フットワークとゲームは毎日やろう

最後にゲームをやるのは、「練習でやったことを実戦で出そう」ということです。

ここは指導者によって意見が分かれることですが、

分解練習だけやって「はい、今日はおしまい」みたいな日々だと、選手がうまくなるのが遅いです。

ゲームでしかうまくなれない「感覚」みたいなものは絶対あります。

経験の少ない、若い年代ならなおさらです。

できるかぎりゲームをした方がいいのです。

しかし、ゲームばっかりやっていると、個人技能が伸びません。

わかりやすい例が、筋力です。

ゲームだけやってても、負荷がそこまでかからないので、筋力アップはしません。

だから特定のトレーニングをして筋肉を鍛えるのです。

それと同じように、最初にやる「フットワーク」で「バスケ筋」を鍛えるのです。

このフットワークは基本中の基本。

個人が伸びないのに、チームが強くなるわけがありませんから、毎日やりましょう。

「テーマ」は逆に毎日変えよう

最後に、まん中のーマ」については、逆に毎日変えましょう

理由は簡単で、人は日々変化するからです。

良くなったり悪くなったりします。

そのときに応じて、課題を設けて練習内容を変えること。

現実には毎日ではなく、数日単位でもいいと思いますが、いずれにしても変化を持たせること。

これが飽きない練習にもつながります。

まとめます

  • 練習時間を3分割する
  • 毎日行う「フットワーク」で個人技能をのばす
  • その時の課題を「テーマ」にして成長する
  • 最後は毎日「ゲーム」でうまくなる

指導者によっていろいろな考え方があります。

そして正解がないからこそ面白いのです。

わたしの考えを述べましたが、あなたの参考になればうれしいです。

最後までお読みいただき感謝します。

三原学でした。それでは、また。

あなたへのオススメ

この記事を読んでくださるような「バスケ大好き」なあなたには、

ぜひ「バスケの大学・資料室」をのぞいてみてほしいです。

有益なコンテンツがたくさんあります。

→ バスケの大学・資料室

最後までお読みくださり感謝しています。

それでは、また。

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する