オフェンス

【バスケ】ピストルオフェンス【NBAのアーリーオフェンス】

こんにちは、三原です。

最近のバスケはどんどんスピーディーになっています。

24秒ルールが、実質14秒になっていて、ゆっくりパスを回すオフェンスよりも、なるべく早くシュートに持ち込むプレイが求められているからです。

ここで紹介する「ピストルオフェンス」はNBAを中心に流行っているオフェンスです。

2019年のワールドカップでもやってるチーム多かったです。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1247660262527619072?s=20

今のルールに最適だし、プレイもシンプルなので中高生でもできます。

とくに指導者の方は、最後まで読んでみてください。

動画講義はこちらです。

まず速攻のかたち

狙いはまず速攻です。

1がポイントガード。2と3がウイングを走ります。

そしてリバウンドにからんだフォワード、センターの4・5は後ろから追いかけてくる。そんな形です。

まずは2対1、3対2で攻めきれたら、シュートまで行きましょう。

それを狙っていても、ディフェンスが戻ってきてシュートまで行けなかった。

そしたら次の動きに入ります。アーリーオフェンスです。

①ハンドオフ

1は2にパスを出して、そのボールを手渡しでもらいに行きます。

ハンドオフをもらったら、その勢いでズバッとドライブです。

ディフェンスは置き去りにされて、レイアップになります。

②フレアー

ハンドオフパスをもらったけどドライブできなかったら、1はそこに止まりましょう。

そしてパスを出した2にセンター5がフレアースクリーンです。

2はトップでボールを受けて、3ポイントを打つか、ドライブです。

スペースが広いので、攻めやすいはずです。

③キープ

最初のハンドオフパスが出せなくて、2がボールをキープしたときのプレイです。

5はそのまま2にピックに行きます。

2は5のピックを使ってドライブしましょう。

ディフェンスがスイッチしてきたら5はゴール下にダイブして、アシストパスをもらいます。

これは3メンオートマティックと呼ばれる、3対3の基本的な動きです。

いろんなオフェンスで使えるので、覚えておきましょう。

④アット

  • ハンドオフ
  • フレアー
  • キープ

基本的にはこの3つでプレイするんですが、ときにはサインをしたり、タイムアウト明けに使ったりするプレイを1つ紹介しましょう。

2がボールを持っていて、後ろから走ってくるセンター5に向かってドリブルをします。

そしてハンドオフをもらった5がドライブってプレイです。

「5のところでハンドオフ」なので「at アット」と呼ばれます。

これはサインプレーなので、ふつうの流れのときはやらないようにしましょう。

選択肢が多すぎるとごちゃごちゃして、パスミスにつながりますから。

基本は前述の3つ。このアットはときどきサインをしたときに使う。

そう使いわけてください。

狙いはキーor3

以上がシステムの紹介です。

これをなるべく早く、ディフェンスが戻る前に仕掛けるんです。

で、大事なのはなぜこれをやるのか?っていう本質部分。

  • ゴール下でシュートしたい
  • ファウルをもらいたい
  • ディフェンスを収縮させたい

こういう狙いがあるんです。

ゴール下のシュートって、いちばん確率が高いですよね。

しかもぶつかり合いがあるから、ファウルももらいやすい。

フリースローがもらえれば、それまた高確率の得点チャンスです。

なのでゴール下を攻めると、相手は嫌なのでチーム全員で守ってきます。

そうしてディフェンスが収縮したら、アウトサイドの3ポイントが完ぺきにノーマークなわけです。

合言葉は「キーor3」です。キーっていうのは制限区域のこと。

最も効率のよいオフェンスを追求すると、キーor3になるんです。これが現代バスケの戦術。

理想のシュートチャートはこうなります。

この本質部分をふまえれば、戦術の中身はアレンジしてもちろんOK。

例えばセンターがいなければ、全員アウトサイドからドライブだけで仕掛けてもいいです。

いろんなアイデアがありますから、チームに応じてオフェンスを作りましょう!

このピストルオフェンスがあなたの参考になれば嬉しいです。

最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てる資料があるはずです。

わたしの作品集ページになっています。

「バスケの大学・図書館」はこちら

ありがとうございました。それでは、また。

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する