ディフェンス

ボールのとなりのとなり「ピストル」のディフェンス

こんにちは、三原です。

この記事では、ボールのとなりのとなり「ピストル」のディフェンスを解説します。

ポイントはこちら。

  • 基本姿勢はボールマンと同じ
  • 顔の前に顔
  • ヘルプは制限区域の外で止める
  • フラッシュはミドルラインで止める

動画講義で見たい方はこちらをどうぞ。

音声だけ聞き流しても学べるように作ってあります。

基本姿勢はボールマンと同じ

ではまず、完ぺきなフォームから見ていきましょう。

(引用:倉石平のディフェンシブバスケットボール

ディフェンスの基本姿勢は、基本的に同じです。

  • ノーズ=チェスト
  • ヒール=トゥ

このことについてはボールマンディフェンスの姿勢の記事で詳しく述べています。

もしよかったらそちらも見てください。

なんでピストルっていうの?

ピストルって銃のことですね。バンバン!

で、この名前の由来は、ボールとマークマンを両方指差すことからです。

首を振ると、ボールとマークマンのどちらかしか見えませんから、両方が同時に見える場所に立ちます。

そして、両方を二丁拳銃のように指差すのです。

  • ボールいいよ!
  • マークマンいいよ!

そういう意味を込めて、ピストルと名づけられました。

 

ピストルの役割

ピストルのディフェンスをするのは「ボールのとなりのとなり」です。

なので、ボールが逆サイドにあるときですね。

このとき、なぜピストルをする必要があるのか?

その役割は主に2つです。

  1. ドリブルのカバーをするため
  2. マークマンがポストに走り込んでくるのを止めるため

この2つをしやすくするために、あえてマークマンを離してポジションを取るんです。

顔の前に顔

ポジション取りをするときの合言葉は「顔の前に顔」です。

自分の顔の前に、マークマンの顔をおくという位置関係を常にキープしましょう。

これはディナイの時も同じですね。

顔が並んだり、後ろにいったりすると、マークマンを見失ってしまいます。

かんたんにペイント内に侵入されて、パスが通されてしまいます。

ヘルプは制限区域の外で止める

では、役割の1つめ、ドライブのヘルプです。

2がドライブをしてきたら、Bは大きな声で「カバー!」と知らせましょう。

それとほぼ同時に「オッケー!」と言って、Cはヘルプです。

このとき大事なのは、必ずペイントの外でつかまえることです。

ペイントを踏まれると、そのままシュートされるし、ファウルが起きやすいからです。

フラッシュはミドルラインで止める

もう1つの役割は、マークマンがボールを受けに走り込んだときのディフェンスです。

このオフェンスの動きは「パッ」と光るように走り込むので、フラッシュと呼ばれます。

ここでボールをもらわれると負けなので、ミドルラインを越えさせないようにするのがポイントです。

ディフェンスの方が内側にいるわけで、移動距離が短いはずです。あわてることはありません。

ピストルは地味で結果を感じにくい

ボールマンディフェンスは、がんばればすぐに結果が出ます。

ディナイもその気になれば、すぐに効果が上がるでしょう。

でもピストルは地味で、結果を感じにくいんです。

やってても「意味あるのかな?」って思いがちで、だんだん雑になるディフェンスでもあります。

  • ボールはがんばる
  • ディナイもがんばる
  • それ以外は休憩

こんな選手、チームが多いです。

なので、今日解説したようなピストルの役割をまずはしっかり理解しましょう。

どんなにボールやディナイをがんばっても、ピストルがちゃんとしてないと、最後のカバーがいません。

ゴールキーパーなしでサッカーしているようなものです。

地味だけど丁寧に行うべきで、じわじわ結果が出るディフェンス。それがピストルです。

まとめ

ピストルのやり方
  • ボールとマークマンの両方をとらえる
  • 二丁拳銃のように指さす
  • ノーズ=チェスト
  • ヒール=トゥ
  • 顔の前に顔
  • ドリブルのヘルプはペイントの外
  • フラッシュはミドルラインを越えさせない
  • ピストルは地味で結果が感じにくい
  • でも大事だからちゃんとやろう

というお話です。

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!