ディフェンス

ヘルプサイドの『ピストル』ディフェンス 【バスケ理論】

こんにちは、三原です。

お読みくださり、感謝しています。

今回は「ヘルプサイドの『ピストル』ディフェンス」というお話をさせて頂きます。

この記事を読むメリットは

  1. ボールの「隣の隣」はどのようにディフェンスすべきか、具体的にわかる
  2. ピストルディフェンスの意味が理解できる

 

前回、オフボールのディフェンス「ディナイ」について解説しました。

→ 詳しくはこちらをクリックしてください。

ディナイは「ボールの隣(ワンパスアウェイ)」のディフェンスです。

それに対して、「ボールの隣の隣(ツーパスアウェイ)」のディフェンスも大切になります。

このツーパスアウェイのディフェンスを「ピストル」と呼んでいます。

写真で見ると、次のような姿勢になります。

(写真:倉石平のディフェンシブバスケットボールより引用)

姿勢の要点は次のようになります。

  1. ノーズ=チェスト。
  2. ヒール=トゥ。
  3. 首を振らないでボールとマークマンの両方を視野に入れる。
  4. ボールとマークマンの両方を指さす。

ボールから遠いところに自分のマークマンがいる状況なので、マークマンを離して、ヘルプの準備することがこのディフェンスの目的です。

ボールとマークマンを常に視野にとらえて、両者を指さす「二丁拳銃」のような姿勢から「ピストル」という名前がつきました。

ヘルプサイドのピストルは、主に次の2つに対応する準備となります。

  1. 自分のマークマンがパスを受けようと走りこんだら、ディナイする。
  2. ボールマンがドリブルしてきたら、カバーする。

ひとつずつ見ていきましょう。

(1)自分のマークマンがパスを受けようと走りこんだら、ディナイする。

特にポストに向かってパスをもらいに走りこむことを「フラッシュ」と言います。

写真を撮るときのフラッシュのように「パッ!」と走りこむ動きです。

これをされると、ゴールに近いポストの位置でボールを持たれてしまいます。

ディフェンスよりもオフェンスの方が先に動くわけですから、ピストルの姿勢を取らずに密着していると、簡単に振り切られてフラッシュされてしまいます

そのために、ボールサイド寄りにマークマンを離しておいて、ピストルの姿勢を取るのです。

ピストルの姿勢からであれば、フラッシュされても、写真のようにディナイに移れます。

 

(2)ボールマンがドリブルをしてきたら、カバーする

自分のマークマンを視野にとらえておきますが、目の前にボールマンがドリブルで突っ込んできたら、どちらの方を優先して守るべきでしょうか?

答えは当然、ボールを優先して守ります。

ピストルで構えているときに、味方が抜かれてドリブルで突っ込んできたら、マークマンを捨ててカバーに入ります。

この写真のように、制限区域(色が塗られているエリア)の外でつかまえることが理想です。

なぜならば、制限区域の中までドリブル突破されると、シュートされてしまうからです。

これを無理に抑えようとすると、多くの場合ファウルになります。

しっかりとボールの状況を見ておいて、必要になったら早めにカバーに行くべきです。

 

さて、ピストルの姿勢とその役割について解説してきましたが、このピストルは非常に地味なディフェンスでもあります。

ボールマンディフェンスは、意識して行えば、すぐに効果が出ます。

ディナイも、同様に良い効果を実感しやすいです。

しかし、ピストルというのは、なかなか効果を実感しにくいものです。

最初のうちは、特にバスケットボールを始めたばかりの初心者にとっては、その理解がしにくいと思います。「やってて意味があるのかな?」と思いがちなのがピストルです。

理解できないで、それでもディフェンスをがんばろうとすると、がむしゃらにボールマンについたり、他の4人はひたすらディナイをしたりします。

もちろんボールやディナイをがんばることは必要なのですが、ピストルがなくてボールやディナイだけががんばると「抜かれたらおしまい」というもろいディフェンスになってしまいます。

カバーがいないからです。

指導者はこの記事で書かれたピストルの目的をしっかりと教えましょう。

そして選手はそれを理解して、ボールに当たることやディナイを張ることと同じくらいに、「自分のマークマンを離すこと」の重要性を練習しましょう。

このピストルができるようになると、チームディフェンスが始まります。

本当の意味でのディフェンスがわかるようになり、バスケットボールの面白さをさらに感じることができるようになると思います。

 

最後までお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる