ディフェンス

バスケのディフェンス パスをスティールするコツ

こんにちは、三原です。

今回は「ディフェンス パスをスティールするコツ」というお話です。

これをお読みのあなたは

  • ディフェンスでボールを取る方法が知りたい
  • もっと攻撃的なディフェンスができるようになりたい

と考えていませんか?

この記事では、その悩みを解決します。

結論は、パスをスティールするには

  1. ダブルチームして(1対2を作って)
  2. わざとパスさせて
  3. スティールする

という3段階を行うことだ、というお話です。

この記事を書いているわたしはバスケ指導歴16年ほど。

現役の高校バスケ指導者で「バスケの大学」では、バスケの悩み解決になる情報を毎日発信しています。

動画講義はこちらからどうぞ!

ディフェンス パスをスティールするコツ

パスをスティールするには、当然ですが「パスをさせる」ことが必要です。

しかも、取れそうな「ゆるく」「バレバレな」パスをさせたいです。

下の図は、ふつうのマンツーマンです。

ボールは#1から#2にパスされていますが、このようなふつうのマンツーマンであれば

ボールマン#2は3つのことができます。つまり

  • シュート
  • パス
  • ドリブル

3つの選択肢がボールマンにある状態です。

ジャンケンのように、どれを出されるかわからない状態なので、ディフェンスはむずかしいです。

パスを出させる

では、その選択肢を切るにはどうするか?

それは「ダブルチームに行く」ことです。

このような状態であれば、#2は

  • シュートしようとは思わない
  • ドリブルでは抜けない
  • じゃあパスしよう

というように強制的にパスを出させることができます。

パスコースはわざと空けておく

ダブルチームに行けば、#2はパスを出そうとします。

当然、#1がノーマークになってますから、そこにパスをするわけです。

良くある間違いは、#1にCがディナイしてしまうことです。

このように、パスが出る前に「パスさせないディフェンス」をすることは

間違いではないのですが、パスをスティールすることはできません。

ディナイされると、#1も動いてしまうし、#2も他の選択肢を探し始めます。

そうではなく、わざと#1を空けておくのがコツです。

  • #1が空いてる
  • ホッ、よかった
  • パスしよう

みたいにさせるわけです。

それを予測しておいてCがスティールする、という方法です。

まとめ:ディフェンスは1対2を作りましょう

以上がスティールするコツです。

これがプレスディフェンスの基本的な考え方になります。

  • 1対2を瞬間的に作り、オフェンスの選択肢をパスだけにさせる

これは重要な考え方ですので、ぜひ覚えておいてください。

とくに個人能力に劣るチームが試合に勝ちたければ、

  • 消極的に引くのではなく
  • 積極的に1対2を作る

こういうディフェンスの方が、楽しいし、成果も上がります。

ディフェンスは常に攻撃的に、1対2を作りましょう、というお話です。

最後までお読みくださり、感謝しています。

この記事に共感してもらえたら、以下の記事も読んでもらえると嬉しいです。

【あなたへのオススメ】

https://twitter.com/coach_manabu/status/1236015594010365952?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1234397399675572224?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1231334663622287360?s=20

アマゾンでの電子書籍はこちらです。

   

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!