ディフェンス

バスケのディフェンス パスをスティールするコツ

こんにちは、三原です。

今回は「ディフェンス パスをスティールするコツ」というお話です。

これをお読みのあなたは

  • ディフェンスでボールを取る方法が知りたい
  • もっと攻撃的なディフェンスができるようになりたい

と考えていませんか?

この記事では、その悩みを解決します。

結論は、パスをスティールするには

  1. ダブルチームして(1対2を作って)
  2. わざとパスさせて
  3. スティールする

という3段階を行うことだ、というお話です。

この記事を書いているわたしはバスケ指導歴16年ほど。

現役の高校バスケ指導者で「バスケの大学」では、バスケの悩み解決になる情報を毎日発信しています。

動画講義はこちらからどうぞ!

ディフェンス パスをスティールするコツ

パスをスティールするには、当然ですが「パスをさせる」ことが必要です。

しかも、取れそうな「ゆるく」「バレバレな」パスをさせたいです。

下の図は、ふつうのマンツーマンです。

ボールは#1から#2にパスされていますが、このようなふつうのマンツーマンであれば

ボールマン#2は3つのことができます。つまり

  • シュート
  • パス
  • ドリブル

3つの選択肢がボールマンにある状態です。

ジャンケンのように、どれを出されるかわからない状態なので、ディフェンスはむずかしいです。

パスを出させる

では、その選択肢を切るにはどうするか?

それは「ダブルチームに行く」ことです。

このような状態であれば、#2は

  • シュートしようとは思わない
  • ドリブルでは抜けない
  • じゃあパスしよう

というように強制的にパスを出させることができます。

パスコースはわざと空けておく

ダブルチームに行けば、#2はパスを出そうとします。

当然、#1がノーマークになってますから、そこにパスをするわけです。

良くある間違いは、#1にCがディナイしてしまうことです。

このように、パスが出る前に「パスさせないディフェンス」をすることは

間違いではないのですが、パスをスティールすることはできません。

ディナイされると、#1も動いてしまうし、#2も他の選択肢を探し始めます。

そうではなく、わざと#1を空けておくのがコツです。

  • #1が空いてる
  • ホッ、よかった
  • パスしよう

みたいにさせるわけです。

それを予測しておいてCがスティールする、という方法です。

まとめ:ディフェンスは1対2を作りましょう

以上がスティールするコツです。

これがプレスディフェンスの基本的な考え方になります。

  • 1対2を瞬間的に作り、オフェンスの選択肢をパスだけにさせる

これは重要な考え方ですので、ぜひ覚えておいてください。

とくに個人能力に劣るチームが試合に勝ちたければ、

  • 消極的に引くのではなく
  • 積極的に1対2を作る

こういうディフェンスの方が、楽しいし、成果も上がります。

ディフェンスは常に攻撃的に、1対2を作りましょう、というお話です。

最後までお読みくださり、感謝しています。

この記事に共感してもらえたら、以下の記事も読んでもらえると嬉しいです。

【あなたへのオススメ】

アマゾンでの電子書籍はこちらです。

   

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる