コラム

パスミスの原因をつきとめよう!

こんにちは、三原です。

わたしは、パスがバスケットで一番おもしろいと思っています。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1319228934915981312?s=20

パスがつながって、ノーマークをつくる喜びって、全員でバスケしてる感覚っていうか、一番楽しい瞬間だと思います。

なので、わたしのチームでは、技術的な部分はパスにこだわります。

『日本一のパッシングチーム』

これを目指しています!

 

で、具体的に最近大事にしているのが、パスミスをなくすことです。

やっぱり、うまくなるというより、ミスを減らす方が大事なんですよね。

  • 良いプレイをした方が勝つではなく
  • ミスをした方が負ける

わたしはそう考えています。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1302219120478318593?s=20

最近わたしのチームでプレイを見ていると、

パスミスの原因がだいぶはっきりしてきました。

代表的なものをあげておきますね。

  • 距離が長い(5mくらいがいい)
  • 角度は45度が理想
  • サイドライン、エンドラインと並行なパスは取られやすい
  • ディフェンスの手の届くところにパスをする
  • ポストにパスを入れるのが下手。

特に最後にあげた「ポストへのパス」は、かなり大事です。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1320897559867445251?s=20

あなたのチームではいかがですか?

どんなパスミスの原因が多いでしょうか?

大事なことは、「ミスをそのままにしない」ことです。

コーチが選手に教えるのはもちろんですが、

選手同士も話し合うことです。

こうしよう

ああしよう

ここがもっと良くできるね

こんな話を選手同士がして、ミスを減らす作業。

それこそが「いい練習」ですね。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1320898589107703809?s=20

あなたのチームはどうですか?

どんなミスが多いでしょうか?

そしてどのように改善しますか?

いっしょに考えていけたらいいな、というお話です。

 

ありがとうございました。

三原学でした。

それでは、また!

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなあなたはぜひ「バスケの大学メルマガ」をのぞいてみてください。

無料メルマガ講座
を見てみる