オフェンス

【バスケ】おすすめのパス練習 3選

【バスケ】おすすめのパス練習 3選

 

こんにちは、三原です。

バスケットボールの技術で、一番大事なのはパスです。

パスがうまくなれば、チームワークは向上するし、

ボールを投げることがうまくなれば、シュートもうまくなります。

シュートっていうのは言い換えればリングへのパスですから。

パス練習としては、2人組のキャッチボールも良い練習ですが、

実際の試合にあるような動きを作って練習することをおすすめします。

具体的には、この3つです。

  1. 四角パス → ミートの練習
  2. スクエアパス → 走りながらのパス練習
  3. レイアップ → スクエアパスにシュートをプラス

動画講義はこちら!

四角パス → ミートの練習

ハーフコートの四角に並びます。

#1から隣の#2にチェストパスです。

#2はボールをキャッチする時に立ち止まったままではなく、

必ずボールに1歩ダッシュ(ミート)しましょう。

#2がボールを受けたら、次は隣の#3にパス。

これだけの単純な練習です。

これはボールミートのもらい足を作るのに優れた練習です。

合言葉は

  • 右から来たボールは右足でキャッチ
  • 左から来たボールは左足でキャッチ

です。

図で言えば、#2は自分の右側からボールが来ますから、右足を軸にしてキャッチです。

空中でボールを受けて、右・左と着地します。

さらに低い姿勢を作って、力強くチェストパスです。

遠い距離にボールを飛ばす力も、この練習で養われます。

スクエアパス → 走りながらのパス練習

この練習は多くのチームが取り組んでいるんじゃないかな、と思います。

パスして走る習慣をつける練習です。

  • #1は#2にパス
  • パスしたら走る
  • リターンパスをもらう

これをくり返します。

慣れてきたらボールを2つ使用することもできます。

  • 走るスピードを出すこと
  • ちょっと前にパスを出すこと
  • 声を出すこと

このあたりを意識して練習の質を高めましょう。

レイアップ → スクエアパスにシュートをプラス

スクエアパスと同じようなやり方を、オールコートで練習します。

  • #1がリバウンドを取る
  • #2にアウトレットパス
  • サイドラインを踏むように走る

このように大きく走り出します。さらに

  • #3がスクエアカット
  • #2からパスをもらう
  • #1へアシストパス

スクエアパスと同じようにパスをつないで#1がレイアップです。

実際の速攻に似た形になります。

ウォーミングアップとして最適です。

まとめ 試合の動きを再現しよう

パス練習に限らず、すべての練習は試合のためです。

実際の試合である動きを切り取って、練習にするのです。

試合の動きを再現する練習こそ、良い技術が身につきます。

練習はいろいろと自分で作り出すものですし、

そうすると練習が面白くなりますよ。

 

最後までお読みくださり、感謝しています。

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・資料室」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てる資料があるはずです。

→ 三原学@バスケの大学 資料室

ありがとうございました。それでは、また。

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!