オフェンス

【バスケ】ポストにうまくパスを入れるコツ【上下のフェイクを使いなさい】

【バスケ】ポストにうまくパスを入れるコツ【上下のフェイクを使いなさい】

 

こんにちは、三原です。

この記事をお読みのあなたは

  • パスがうまくなりたい
  • パスをうまくさせる教え方が知りたい

そんなことをお考えではないですか?

この記事でオススメの方法は「パスフェイクを上下に使うこと」です。

特にポストにパスを入れるときに、この技術が必要になります。

結局のところ、ポストのパスを入れるのがうまい人=パスのうまい人なのです。

動画講義はこちらです。

 

なぜポストに入れるのは難しいのか

#1からローポストの#2にパスを入れようとした時、

パスコース上にはディフェンスはAとBの2人がいます。

ポストに入れるパスは、ディフェンス2人をかわさないといけないので難しいのです。

ポストへのパスが試合で一番難しいパスです。

だから、ポストへのパスがうまくなれば、すべてのパスがうまくなる理由です。

パスコースを見極める

まず前提として、#2がしっかりとポジション取りをしましょう。

ディフェンスに体を密着させて(シール)、パスコースを作りましょう。

そしてパスを出すときに、#1はディフェンスをよく見ます。

下の図は極端に書いていますが、AとBの位置からして、パスコースは1つしかありません

  • ディフェンスがどこにいるか
  • どこにパスコースがあるか

それをよく見る習慣をつけましょう

バウンズかフローターしかない

例えば、#1から#3はのパスは、ディフェンスが誰もいません。

このパスは簡単で、チェストパスでOKです。

でも、ポストに入れるパスは、チェストパスはNGです

ポストに入れるパスは

  • バウンズパス
  • 少し浮かせたフローターパス

このどちらかしかないことを覚えておきましょう。

フェイクは上下に使う

目の前のディフェンスAをかわすためには、フェイクを上下に使うのです。

一番ディフェンスにとって通されると嫌なコースは顔の横です。

最初にここにパスフェイクをしましょう。

ディフェンスは反応して手を上にあげるはずです。

そうしたら次は足元のバウンズパスです。

  • 上のパスを狙う
  • 手が上がる
  • バウンドパスを狙う
  • 手が下がる

この順をくり返していけば、絶対にディフェンスの方が遅れます。

どちらかでパスが通せるはずです。そして、

  • 上にパスを出すならフローターパス
  • 下のパスはバウンズパス

この2択です。

まとめ:ディフェンスを読みましょう

あるコーチは「オフェンスが何をすべきかは、すべてディフェンスが教えてくれる」と言います。

わたしは生徒たちに「オフェンスはジャンケンの後出しだよ」と教えています。

機械的にパスを出すのではなく、ディフェンスをよく見ることをやりましょう。

ディフェンスを読むことが習慣になれば

パスもうまくなるし、オフェンス全体が上達します。

 

最後までお読みくださり、感謝しています。

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・資料室」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てる資料があるはずです。

→ 三原学@バスケの大学 資料室

ありがとうございました。それでは、また。

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する