オフェンス

【バスケ】パス練習で大事なのは状況判断力【HOWよりもWHEN】

こんにちは、三原です。

今回は「パス練習で大事なのは状況判断力」というお話です。

これをお読みのあなたは

  • パスがもっとうまくなりたい
  • パスの効果的な練習方法が知りたい

という悩みを持っていませんか?

その悩み、この記事を読めば解決します。

結論としては

  1. パスの練習はディフェンスを入れた方が効果的
  2. パスは型より、出すタイミングが大事

というお話です。

この記事を書いているわたしは、バスケ指導歴16年ほど。

現役の高校バスケ指導者で「バスケの大学」ではバスケの悩み解決になる情報を毎日お届けしています。

動画講義はこちらから!

パス練習で大事なのは状況判断力

パスにはいろいろな種類があります。例えば

  • チェストパス
  • バウンズパス
  • ショルダーパス
  • オーバーヘッドパス

などです。

初心者がまずやるべきことは、2人組になってキャッチボールをすることですね。

正しい投方(フォーム)を身につけるわけです。

もちろんそれは大事なのですが、ここでわたしが強調したいのは

  • パス練習ではディフェンスなしのものが多い
  • ディフェンスなしだと、意味はない

ということなんです。

  • スクエアパス
  • 3メン

こういうものがパス練習の代表的なものです。

フォームを身につけることは必要なのですが、実際の試合ではディフェンスがいます。

だから「状況判断力」を身につける必要があるんです。

でも、2人組のパスや3メン、スクエアパスでは

  • パスの実行力は高まるけど
  • パスの判断力は高まらない

わけです。

『パスはHOWよりもWHEN』という言葉があります。いい言葉ですね。

フォームだけでなく、判断力を身につけましょう、ということです。

オススメドリル① 判断ドリル

オススメなのは2人組で、両方ともボールを持つパス練習です。

  • 片方はチェスト
  • 片方はバウンド
  • 同時に投げる

というパスをします

ディフェンスではないですが、相方が出すボールを見ながらパスなので、判断力が必要なわけです。

慣れてきたら練習に変化をつけましょう。

  • コーチが笛を鳴らしたら、チェストとバウンドを交替する
  • 片方が好きなパスをする → それを見て逆にパスする

こんなことをすると、おもしろくて効果的です。

オススメドリル② ドリブルなし2対2(3対3)

文字通り、ドリブルを禁止しての2対2、3対3です。

  • ピボットでボールキープ
  • パスしたら動く
  • パスが出せるタイミングを逃さない
  • ディフェンスをかわすパス

このようにバスケに必要な要素がすべて詰まっています

ディフェンスも激しくプレスすれば、ディフェンスの練習にもなるし、

体力も向上します。

わたし個人としては「ドリブルなし」は最もすぐれた練習だと思っています。

まとめ:パスはHOWよりもWHEN

いかがでしたか?

パス練習は「状況判断を含めた練習をすべき」というお話です。

効果も上がりますし、何より選手がおもしろがってやります!

ぜひ、あなたのチームでもやってみてください。

最後までお読みくださり、感謝しています。

この記事に共感してくれたら、下の記事もお読みくださると嬉しいです。

【あなたへのオススメ】

アマゾンでの電子書籍はこちらです。

  

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる