オフェンス

パニックバックドア わざとボールによる裏技

こんにちは、三原です。

今日は海外の情報をお伝えします。

コーチ・ギブソンの「ハーフコートフープス」です。

その名の通り、オフェンス戦術を中心に情報発信しているアカウントです。

おもしろいのでフォローすることをオススメします!

そんな中、パニックバックドアというプレイを説明します。

  • 接戦時に、わざとプレスにはまる
  • と見せて、バックドアを決める

という裏技的なプレイです。戦術好きのあなたはぜひどうぞ。

ちなみに、YouTubeでも解説しています。

もしよかったらご覧ください。

ボールに寄るのだけは絶対だめ

接戦で、相手がプレスの時、絶対やっちゃダメなことはなんでしょう?

答えはかんたん、ボールに寄ることです。

ボールが欲しくて、またはプレスされてる味方を助けてあげたくて、ボールに酔っていっちゃう気持ちはよーくわかります。

ただ、寄っちゃうとスペースがなくなり、ミスがしやすくなる。

ディフェンスが有利になっちゃうから絶対にダメなんです。

それをこのパニックバックドアでは、わざとボールに寄るという裏技をします。

絶対に成功するとは限らないので、オススメしませんが、「こんなバスケットもあるんだなあ」とおもしろいのは確かです。

あえて当たらせてバックドア

セットのプレイはこうです。

ディフェンスはバチバチに当たってきているのが前提です。

ボールマン1に、4がピックに行きます。

ふつうドリブルは、変なところで止まっちゃいけないんですが、1はわざと中途半端なところで止まります。

さらに、それに続いて2、3、4がボールに寄ります。

接戦時に絶対やっちゃダメなことだらけです。

 

ディフェンスがまともについてきて、「これはスティールできるぞ!」と色気を出した瞬間、2がバックドアに抜けます。

ディフェンスはボールの周りにみんな寄っているはずなので、ゴール下がぽっかり空くわけですね。

ということで、あらためてこのツイートを見てみてください。

ツイッターで紹介されているプレイはバックドアが成功していますが、これがもし決まらなければ、2がコーナーでパスを受けてアイソレーションがいいでしょう。

これはわたしが勝手に想像したプレイです。でも、この続きはこれしかないんじゃないかな、と思います。

「当たられる」のではなく「当たらせる」

このプレイはギャンブル的なプレイに思えます。

練習したところで、どれだけ試合で使えるか、疑問ですね。

なのできっとわたしは自分のチームにこれをやらせようとは思わないでしょう。

ただし、1つ大きな学びがあります。それは

  • ディフェンスに「当たられる」は、ディフェンス優位
  • ディフェンスに「当たらせる」は、オフェンス優位

ということです。

なんだか言葉遊びみたいですが、これってかなり重要なことです。

どんなに激しいディフェンスが来ても、わざと当たらせるくらいのメンタルでプレイすれば、絶対にオフェンスが有利なはずです。

そんなことはチームの子たちに教えてあげたいと思いました。

あなたの参考になれば嬉しいです!

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する