ディフェンス

【バスケ】パックラインディフェンスのポストディフェンス

【バスケ】パックラインディフェンスのポストディフェンス

 

こんにちは、三原です。

パックラインディフェンスは、3ポイントラインの1m後ろに線があると仮定して、中を小さく守るマンツーマンディフェンスのことです。

中をやられないように小さく守るディフェンスですから、ポストを守ることは最重要と言ってもいいでしょう。

そんなポストのディフェンス方法を具体的にお伝えします。

動画講義の方がいい、という方はYouTubeをどうぞ。

音声だけ聞いても、それなりに理解できるようにお話ししてます。

ポストに入れられると、ディフェンスが収縮する

ポストとはゴール近辺のエリアですが、

ここにボールを入れられるとなぜよく何のかを整理しておきましょう。

主な理由としては

  • ゴール下のシュートは高確率
  • だからディフェンスみんなが寄ってしまう
  • 外がノーマークになる

というディフェンスが後手の状態になってしまうからです。

ゴール下ではシュートされたくない

ゴール下のシュートは、もっとも確率の高いシュートになります。

さらにゴール下は身体接触も多く、ファウルも起こりやすい場所です。

ファウルによりフリースローを与えてしまえば、それもまた高確率のシュートになります。

なのでディフェンスはそれをさせたくないです。

クローズアウトになってしまう

ゴール下にボールが入れられると、ディフェンスは嫌なので全員がボールに寄ってしまします。

つまりディフェンスが収縮した状態ですね。

こうなるとポストでのシュートは止めることができても、アウトサイドのいろいろなところがノーマークになります。

パスを出されると、クローズアウトという「後追い」になるので、とても苦しいです。

逆にオフェンスとしては、クローズアウトを発生させることが良いオフェンスの証拠になります。

イメージしやすいツイートをひとつ。

 

ポストに入れさせないディナイのやり方

以上の理由から、ポストにはボールを入れさせないことが大事です。

入れてから守るのは大変だからです。

ボールマン1がウイング、センターの5がローポストの図で説明します。

それぞれAとEがマークしていて、この2人で協力してポストへのパスを止めるのです。

ボールマンはミドルサイドに行かせる

まず1はボールマンをミドル方向に行かせるようにします。

パックラインディフェンスでは、カバーを最小の人数ですませるために、ミドルに行かせます。

このことについては、過去の記事に詳しく書いてあるので、もしよかったらそちらをお読みください。

【バスケ】パックラインディフェンスの方向づけ

ミドル側のパスをディナイ

1がミドルに行かせる構えでマッチアップしてるので、サイドライン側からのパスはなくなります。

言いかえると、1が「右側のパスコース」を止めているということです。

なのでEは逆のミドル側をディナイします。

  • ボールマンが右のパスコース
  • ディナイで左のパスコース

2人で分担して両方のパスコースを止めることができます。

このポジションを取れば、相手はポストにパスを入れるのをあきらめるはずです。

入れられた後は、ミドルに行かせる

とはいえ、何らかの理由でボールがポストに入ってしまうこともよくあります。

そのとき大事なのは、しつこくディフェンスを続けることです。

「ポストに入れられた=ジ・エンド」ではありません。

なぜならまだ得点されていないからです。

エンドラインを抜かれたら即シュート

5がボールを持ったときに、Eが絶対に許してはいけないのは、エンドラインを抜かれることです。

こちら側を抜かれると、誰もカバーがいないので即2点になります。

無理にEが止めようとすれば、ほとんどファウルです。

なのでエンドライン側を止める立ち位置でマッチアップします。

ミドルは味方がたくさんいる

エンドライン側を止めるなら、当然ながらミドル側に行かれやすくなります。

でも、それでいいんです。

ミドル側は、自然と味方がたくさんいるので、即シュートということにはなりません。

ミドル側に行かせるだけで、ポストマンはシュートをあきらめてくれることもよくあります。

ダブルチームに行くなら、トップから

もし強力なポストマンで、1対1ではどうにも止められないときは、ダブルチームに行きましょう。

1対2にして、ボールをはさみ撃ちです。

このとき大事なのは、ガードポジションからダブルチームに行くことです。

ガードポジションから行くのが、角度として一番守りやすいからです。

5としては「ふた」をされてるように感じて、パスを返すところもありません。

横からダブルチームに行くのはNG

反対に、ウイングAからダブルチームは行かない方がいいです。

かんたんにパスを返しやすいからです。

また、一番やっちゃダメなのは、ゴール下にいる横の味方Dが行くことです。

これをやると、かんたんにゴール下が空いてしまいます。

ダブルチームに行ったら、さらにチャンスを与えてしまった。そんなバカらしいことになってしまうのです。

ペイントの下半分は「ブラッドエリア」

ペイント(制限区域)の下半分をパックラインディフェンス では「ブラッドエリア」と呼んでいます。

日本語にすると「血のエリア」です。

  • 血を流してでも
  • 体をはって止めろ!

そんな意味ですね。おそろしー。

どんなことがあっても止める

つまりは、危機的状況だったら、原則に反してでも止めろってことです。

今まで述べたような

  • 2つのパスコースをディナイ
  • ミドルに行かせろ
  • ダブルチームはトップから

こういうことは方法論です。

理想的な形、原則にすぎません。

でも、大・大・大原則は「シュートを入れさせない」ですから。

入れられそうになったら、方法論に反した形であっても飛び出してチェックに行く。

場合によってはファウルをしてでも止める。

そんな気持ちも絶対に重要です。

だから「流血エリア」なんですね。

まとめ

  • ポストは入れさせないが第一
  • 2人でパスコースをディナイ
  • ポストに入ったらミドルに行かせる
  • ダブルチームはトップから
  • 最低最悪は、血を流してでも止める

というお話しです。

 

最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てる資料があるはずです。

わたしの作品集ページになっています。

「バスケの大学・図書館」はこちら

ありがとうございました。それでは、また。

 

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する