ディフェンス

パックラインディフェンスの弱点 【バスケ理論】

こんにちは、三原です。

今回は「パックラインディフェンスの弱点」というお話です。

パックラインディフェンスとは、最近注目されているディフェンス戦術です。

→ パックラインディフェンスについてはこちらをクリック!

https://twitter.com/coach_manabu/status/1226748696374591493?s=20

  • 3Pラインの内側1mに「パックライン」があると想定する
  • そのパックラインの中だけ守る
  • 小さく守る

というのがパックラインディフェンスです。

  • 隣はディナイしない
  • ボールマンのカバー重視
  • ドリブルは内側に抜かせる

という特徴があります。

このパックラインディフェンスをやられると、

  • インサイドにボールが入らない
  • 外ばかりパスが回る
  • 攻めるきっかけがつかめない

となって、相手チームは不思議と攻められない

そんなディフェンスです。

ではパックラインディフェンスの弱点とは何か?

それは2つあります。

  • 外のシュートが守れない
  • カッティングが守れない

詳しく説明しますね。

 

外のシュートが守れない

図のように引いて守るのがパックラインの特徴です。

  • #1がドライブしたら
  • Bが寄ってくるので
  • 中まで行けない

ということで、逆に言えば

  • #1がドライブしたら
  • Bが必ず寄るので
  • #2は絶対にノーマーク

ということになります。

#2にパスが行けば、Bはすぐにクローズアウトです。

しかし、ボールは人より速いものですから、

クローズアウトが間に合わなくなることも多いのです。

とくに何度も「ドライブ→パス、ドライブ→パス」とやられると

クローズアウトできずに3Pを楽々打たれます

これが1つ目の弱点です。

カッティングが守れない

  • #1がドライブ
  • Bがカバー

という仕組みが特徴のパックラインですが、

あくまでマンツーマンなので

#2が動いたら、Bが必ずそこにいるとは限りません。

つまり

  • #2がゴールにカッティング
  • 放っておけないからついていく
  • カバーが誰もいない

となってしまうのです。

このように、オフボールが動かれて、そこをドライブされるとカバーできません

こればかりやられるようならば、

  • ボールマンディフェンスが徹底的に下がるか
  • ゾーンディフェンスにするか

どちらかしかないでしょう。

ディフェンスはどこを捨てるかが大事

以上がパックラインディフェンスの弱点です。

とはいえ、すべてを守れる戦術などあり得ません。

  • 中を固めれば、外が空く
  • 外を固めれば、中が空く

というのは当然のことです。

ディフェンスで大事なのは「何を捨てるか」

「何を守るか」より大事なことです。

一番最悪なのは「全部守ろうとして、全部やられる」ことなのです。

その点でパックラインディフェンスは、

  • シュートが良く入るのは、当然ゴール下
  • だからゴール下は徹底的につぶす
  • 外は打たれてもしょうがない

というとても本質をとらえた素晴らしい戦術です。

弱点を知ることで、よりパックラインディフェンスを理解してもらえたことと思います。

ぜひあなたのバスケットにお役立てください。

動画ではもう少し詳しく解説しています。

【参考文献】

千葉大学・日高先生のパックラインディフェンス解説です。

クリニックなどで教えるのが日本一上手な先生が、日高先生です。わたしも何度も受講しました。パックラインディフェンスについても、これが一番わかりやすいと思います。

最後までお読みくださり感謝しています。

三原学でした。それでは、また。

【わたしの著書】

「ディフェンスの教科書」と「強くなる練習メニュー」です。

note、brain、Amazon、お好きな形でお読みください。

(note) → https://note.com/coach_mm

(brain) → https://brain-market.com/u/coach-mm

(Amazon)→

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する