ディフェンス

【バスケ】パックラインディフェンスの方向づけ

【バスケ】パックラインディフェンスの方向づけ

 

こんにちは、三原です。

パックラインディフェンスとは、3ポイントの1m内側に「パックライン」というのがあると仮定して、その中によって小さく小さく守るマンツーマンです。

パックラインをすると、とても効果的に相手のドライブを止めることができます。

この記事をお読みのあなたは

  • パックラインディフェンスに興味がある
  • パックラインの具体的な方法が知りたい
  • パックラインを自分のチームで使ってみたい

そんなことをお考えですね?

そんなあなたの悩み、このブログで解決します。

今日はパックラインディフェンスの「方向づけ」のお話しです。

動画講義はこちらのYouTubeからどうぞ!

ミドルに行かせる

パックラインディフェンスの特徴として

  • ボールには当たる
  • 4人は小さく固まる
  • ボールのとなりはディナイしない

というものになります。

そして、最大の特徴は「ミドル側に行かせる」という方向づけです。

ウイングでボールを持っているとしたら、内側にドリブルをさせるようにマッチアップするのです。

ふつうのマンツーマンとの違い

これ、ふつうのマンツーマンだとやらないことなんです。

ふつうのマンツーマンの考え方は

  • ボールをサイドライン、エンドラインに押し出せ
  • ラインはディフェンスの味方、友だち
  • 真ん中にボールを集められたらダメ

こういうものです。

たしかに、攻撃範囲はAが360度、Bは180、Cは90と、追い込めば追い込むほどせまくなりますもんね。

でもこれをパックラインでは、あえて内側に行かせるんです。

そのメリットは「ローテーションをしない」になります。

ローテーションのむずかしさ

ふつうのマンツーマンで考えるとわかりやすいです。

1がドライブしたとき、どうやって守るのかといえば

  • Aは横をついていく
  • Dがカバー
  • CとBがカバーダウン

このように「寄り」と「降り」で止めるんですね。

ディフェンス全員が連動するので、理論的には完ぺきなんですが、

誰か1人がちょっとでも遅れるとそこに穴が空くむずかしさがあります。

たとえば

  • Aは横をついていった
  • Bはカバーした
  • でもCが遅かった

なんてなると、ノーマークにパッとパスされておしまいです。

こういうむずかしさがローテーションにはあります。

ローテーションをしないと楽

一方で、パックラインはミドルに行かせます。

  • AのとなりにはBがいる
  • AはBの方に行かせる
  • Bと2人で止める

はい、おしまいです。かんたんでしょ?

2人ではさんでボールを止めますから、CとDは動く必要ありません。

だからローテーションの時のようなむずかしさがなくなります。

穴が空くこともありません。

こういったメリットを生かすために、パックラインではミドルに行かすんですね。

絶対に行かれちゃダメな5ヵ所

とはいえ、ボールをコートの真ん中に運ばれるときついです。

360度、自由に攻められちゃうんで。

なのでパックラインでは「ここは絶対にボールを通すな」という場所が5つあります。

  • 左右のブロック
  • 左右のエルボー
  • 真ん中のプラグ

すべて制限区域のポイントですね。ここだけはダメ、絶対!

ドライブだろうが、ポストアップだろうが、絶対にゆずっちゃダメです。

ここにボールが入ると、即シュートはもちろん、そのあとのパスの流れもよくなるので、オフェンスが圧倒的に有利になります。

だからミドルにドリブルさせるんですけど、「ふくらませる」という感覚が大切です。

3ポイントラインに沿ってドリブルさせたら勝ちと思ってください。

 

まとめ

  • パックラインは小さく守るマンツーマン
  • ボールのとなりはディナイしない
  • ボールマンはミドルに行かせる
  • なぜならローテーションしなくて楽だから
  • とはいえ、行かせちゃいけないところは5つある
  • ブロック、エルボー、プラグはダメ、絶対!

というお話しです。

パックラインの解説は、他にもあるので、もしよかったら記事下の「関連」から読んでみてください!

最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てる資料があるはずです。

わたしの作品集ページになっています。

「バスケの大学・図書館」はこちら

ありがとうございました。それでは、また。

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する