オフェンス

オーバーロードピン がっちりしたセンターがいるチームにオススメのセット

こんにちは、三原です。

センターのためのアイソレーションをお伝えします。

アイソレーションとは、1対1をさせるために広いスペースを作る動きのことです。

ふつう、ガードの選手でこれをやることが多いのですが、ローポストで勝負させたいセンターにスペースを作る動きになります。

YouTubeでも解説しています。

音声だけでも学べるので、聞き流しでもOKです。

オーバーロードピン

「オーバーロード」とは、片サイドに4人が来て、逆サイドのスペースを作る動きのことです。

また「ピン」とは、ローポストでシールして、ディフェンスを釘づけにするポストアップのこと。

動きはボックスセットから始まります。

まずはボックスセットから

ポイントガードの1がボールを持ちます。

それ以外は制限区域の角に立ちます。ボックスセットです。

注目すべきは並び方です。

  • 片サイドに2・3とアウトサイドの選手
  • もう1つのサイドには4・5とインサイドの選手

このようにそれぞれ縦に並ぶことです。

2と3が入れ替わるようにスクリーンをかけて、コーナーと45度にカットします。

45度に上がった3はパスをもらいましょう。

ボールを持った2に4がピックに行きます。

ふつうならピック&ロールの2対2を始めるところですが、これは「おとり」です。

これまですべての動きは、ローポストのスペースづくりのためなのです。

ご覧のとおり、5の周りは広くなったでしょ?

そのつもりで5は力強くシールすれば、2からのパスをもらえるはずです。

これが「オーバーロードピン」というオフェンスです。

ダミーカットを使おう

このように、狙いとなるプレイのために「おとり」として動くことを、ダミーカットと言います。

本来なら、ボールをもらうために動くわけですが、このダミーカットが多ければ多いほど、質の高いチームオフェンスになるんです。

ミニや中学生くらいだとちょっと難しいかもですが、高校生くらいになったらダミーカットの考えは覚えさせたいものですね。

  • ボールはもらえないけど動く
  • 動いたことでスペースができる
  • そこを味方が攻める

という感覚が身につけば、チームオフェンスの質が高まります。

ガードのアイソにもつながる

さて、オーバーロードピンだけでは、おそらくすぐにバレるでしょう。

1試合に1回成功すればいいくらいです。

でも、1のアイソレーションもあると、ディフェンスはさらに気が抜けません。

  • 2と3が動く
  • 全員が右サイドに行く
  • 1が左サイドをドリブルで抜く

というガードのアイソレーションです。

左サイドには誰もいませんから、自分のマークマンさえ抜けてしまえば、それでおしまいですよね。

これも頭に入れておきましょう。

クイックヒットは用意しておこう

以上がプレイの解説です。

今回紹介したオーバーロードピンは、「クイックヒット」の1つです。

クイックヒットとは、ガチガチに計画されたオフェンスのこと。

短時間で得点がほしいときに使うプレイです。

先ほども言ったように、何度もやるとバレちゃいます。

1試合で1本決まればOK。そんなくらいです。

でも、逆に言えば、クイックヒットを5つ用意してあれば、それだけで5本のシュート、つまり10点取れるんです。

この点数は大きいですよね!

なのでコーチは趣味のようにクイックヒットを集めておいて、いくつか準備しておきましょう。

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!