コーチング

【バスケ】シュートフォーム フォームを良くする練習法

こんにちは、三原です。

今回は「シュートフォーム フォームを良くする練習法」というお話です。

具体的には「片手、片足の練習」です。

つまり、右手だけと左足だけでシュートする練習をします。

場所は制限区域のニュートラルゾーン(ブロック)です。

なぜここからシュートするかと言えば、バックボードに対してちょうど45度の位置なので、ボードにぶつけるシュート(バンクシュート)がしやすいからです。

では、動画を見てみてください。

左足一本で体を支えつつ、右手から右足までが一直線になっているのが分かるかと思います。

 

これに慣れてきたら、次は「両手と左足」です。

シュートする右手に加えて、左手を添えるわけですが、左手は細かいことを気にしなくていいです。

置きやすいところに置いてください。

ただし、一つだけ注意点は、左手がボールに力を加えないということです。

左手はあくまでレールを補強する「壁」で、これはボールを押さないことが大事です。

余計な力が左からかかると、ボールは曲がって脱線します。

動画を改めてみてもらうと、シュートする瞬間、左手はまったく動かしていないことがわかりますね。

このような練習を、短い時間でも良いので、続けてください。

必ずフォームが良くなり、シュート率は高くなるはずです。

シュートフォームについてわたしがまとめた記事はこちらです。

動画もあって、わかりやすいです。正しいシュートフォームの「完全攻略本」です。

→ https://note.com/coach_mm

最後までお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

 

【わたしの著書】

 

 

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる