ディフェンス

ドリブルに対するディフェンス 【バスケ理論】

こんにちは、三原です。

お読みくださり、感謝しています。

今回は「ドリブルに対するディフェンス」というお話をさせて頂きます。

今回の記事を読むメリットは、

  1. ドリブルに対するディフェンス方法が具体的にわかる。
  2. わかりやすい合言葉で指導することができるようになる。

です。ぜひ最後までお読みください。

 

さて、ボールマンディフェンスの構えは、前回に解説しました。

→ 本文はこちらをクリックしてください。

 

その構えで、まずはボールマンにつく間合いですが、

ワンアームが合言葉です。

つまり、「腕1本分の距離でマッチアップしなさい」という意味になります。

これ以上離れると、ボールマンにプレッシャーがかかりません。

逆にこれ以上くっつくと、簡単に抜かれやすくなります。

腕1本分の距離で「ワンアーム」を合言葉にします。

 

そして、ドリブルが始まったら、「自分の鼻の前にボール」が合言葉です。

自分の鼻の前にボールがある以上は、抜かれることはありません。

遅れたり、先回りしたりすると、正しく守れません。

写真で見るとこのようになります。

(写真:倉石平のディフェンシブバスケットボールより引用)

 

ボールマンをディフェンスするときの大原則は、

ボールとゴールの一直線上に入る

ということになります。

それに加えて今回の合言葉、「ワンアーム」と「鼻の前にボール」という2つを付け加えるとさらに具体的に指導・プレイできるはずです。

常にワンアームで、コースに入ることができたら、相手ボールマンにとっては本当に嫌なディフェンスになることでしょう。

最後までお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する