オフェンス

【バスケ】時代の流れと、いま流行りのセットオフェンスについて

こんにちは、三原です。

  • オフェンスについて、もっと詳しく知りたい
  • オフェンスが教えるがうまくなりたい
  • 楽しくバスケ観戦をしたい

こんなあなたにこの記事を書いています。

YouTubeでも解説しているので、そちらもどうぞ。

YouTubeでしか話してないこともありますし、音声だけ聞き流しても学べるように作ってありますので、ぜひどうぞ。

ショットクロックが14秒の時代

オフェンスの流行に、大きく関わっているのはショットクロックです。

現在は24秒ですが、これには歴史があります。

  • 20年前までは30秒
  • アメリカの学生ルールは、35秒
  • 昔のアメリカは45秒

NCAA(全米大学協会)は、今でも35秒で、20年くらい前まで45秒でした。

45秒って、長いですよねー。

日本ではしばらく30秒で、2000年くらいに24秒になりました。

そして今は、実質14秒なんです。

  • オフェンスリバウンドを取る
  • ファウルされてスローイン

これらのリスタートの時は、14秒で再開されるルールです。

時代の大きな流れとして

  • ショットクロックは短くなっている
  • オフェンス回数が増えている
  • ゲームテンポが高まっている

こういうポイントはおさえておきましょう。

時代が逆行することは、まずあり得ません。

クイックヒットが注目される

ということで、良いオフェンスの合言葉は、短時間で効果的なプレイということになります。

14秒の半分、7秒で攻めるオフェンスも流行っていますね。

こういう即効性のあるオフェンスはクイックヒットと言われます。

逆に、時間をかけてじっくりやるオフェンスは、コンティニュティと言います。

連続したオフェンスってことです。

代表的なオフェンスは、フレックスがあります。

もちろん、フレックスは今でも有効なオフェンスですが、長い時間をかけてパスを回す効果は、徐々に減っていることは覚えておきましょう。

セットよりポジションレス

さらに、ポジションをガッチリ決めるセットオフェンスより、全員がいろんなポジションをやるポジションレスが主流になりつつあります。

セットオフェンスの代表的なものとして、UCLAカットがありますね。

  • ガードがボールを運び
  • フォワードがパスを受けて
  • センターがスクリーン

こんな形でプレイが決まっています。

もちろん、このプレイは今での有効です。でもデメリットとしては、それぞれが自分のポジションに立ってからじゃないと、オフェンスに入れないってことです。

オフェンスが30秒の時代ならそれもいいんですが、14秒時代の今は、いちいちポジションを取っている時間はもったいない。そう考えると誰がどこにいても流れるように攻めるポジションレスオフェンスが適しています。

パターンよりフリーランス

ということで、現代のバスケットはこのようにパターンを決めて行うハーフコートオフェンスより、オールコートのフリーランスオフェンスが主流になってきています。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1287713867238318080?s=20

まとめ

今日のまとめ
  • オフェンスには時代の流れがある
  • ルール変更に影響を受ける
  • 特にショットクロック
  • 昔は30秒以上だった
  • 今は24秒
  • 実質14秒のルール
  • より早くシュートに行くオフェンスになる
  • コンティニュティよりクイックヒット
  • セットよりもフリーランス
  • ポジションレス化が進む

というお話です。

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する