『常に攻撃的であれ』 バスケットボールコーチ・三原学のブログ

ニュージーランド

 
この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。バスケットボールにおけるモットーは「常に攻撃的であれ」。

こんにちは、三原です。

お読みくださり感謝しています。

今回は「ニュージーランド」と言うテーマのお話をさせて頂きます。

私は今(2019年5月21日)、ニュージーランドに来ています。

仕事でニュージーランドを訪れているのですが、とても素晴らしい場所で、充実した時間を過ごせています。

ニュージーランドと言えば、「オールブラックス」と言う名前で有名なラグビーのニュージーランド代表チームが私はすぐに思い浮かびます。ニュージーランドは世界屈指のラグビー大国であり、その代表のオールブラックスはワールドカップを3回制覇する競合です。国中がオールブラックスを応援していて、スタジアムに足を運ぶファンは「今日オールブラックスは勝てるのだろうか?」と考えるのではなく、「今日オールブラックスは何点差をつけてくれるんだろう?」と考えるのが当たり前と言われるほど、圧倒的な強さを誇るチームなのです。

ニュージーランドの国を調べてみると、人口が450万人ほどの国です。農業が大変盛んな国であり、人口よりも羊の方が多いと言われています。450万人と言うのはちょうど福岡県の人口と同じ位です。面積は日本とほぼ同じか、少し小さい位だそうです。

経済でも何でもそうですが、「人口=強さ」と言えるほどで、人口の数が多ければ多いほど経済も発展する可能性がありますし、スポーツも盛んになりその国の代表チームも競技力を高めることができると思います。それにもかかわらず、人口が非常に少ないのにもかかわらず、なぜニュージーランドは無敵を誇るオールブラックスを育てることができたのでしょうか?私はスポーツの専門家としてこのことに非常に興味を持っています。

様々な資料を調べると、ニュージーランドではラグビーが文化として根付いているということが大前提ですが、若年層の年代から良い教育を行うことが競技力向上の最重要課題であると考えているそうで、単に選手を鍛えるのではなく「指導者の育成」に応援に力を入れてるそうです。このことは、世界のナショナルチームのヘッドコーチを多くのニュージーランド出身の方々が務めていることにより証明されています。

指導者の育成→質の高い育成プログラムの実施→代表チームが強くなる→世界の子供たちの憧れとなる→国内外を問わず優秀な選手がニュージーランドに集まる→さらなる質の高い指導者と育成プログラムの実施……

このような好循環がオールブラックスを支えているのだと私は考えています。もちろんこのことは一朝一夕にできることではありません。しかしこの好循環の始まりが、指導者の育成と言うところに私は大きな希望を感じます。

というのも、指導者の努力によって選手の成長、チームの強化ができる可能性は無限であると信じることが私たち指導者の原点だと思うからです。確かに、最終的には試合の結果は選手の能力の優劣によって決まるのかもしれません。しかしそれを「私のチームは選手の能力が低いから」と諦めて指導者が全力を尽くさないとすれば、指導者は自分の存在意義すらも見出せないことになるからです。

指導によって高められる可能性は無限だと信じましょう。そして、持って生まれた素質が同じ位であれば、私のコーチングを受けたチームが必ず勝つに違いないそう言い切れる指導者になることが私たちの目標ではないでしょうか。このニュージーランド後で私はそんなことを考えました。

ちなみに、オールブラックスとはラグビーチームの相性ですが、ニュージーランド男子をバスケットボール代表チームは「トールブラックス(背の高いオールブラックスの意味)」と呼ばれています。ワールドカップオリンピックにもたびたび出場し、ときには世界を驚かせるような結果を出したりもします。例えば2006年ワールドカップではベスト16、2002年のワールドカップでは4位になるなどの好成績を残しています。おそらくバスケットボールにおいても、指導者育成を原点とした良いプログラムが実施されており、それが好成績につながっているのではないでしょうか。

最後までお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。バスケットボールにおけるモットーは「常に攻撃的であれ」。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バスケの大学 , 2019 All Rights Reserved.