オフェンス

【バスケ】ピック&ロールはミニバス、中高生にはいらない【ハンドオフの方がいいです】

こんにちは、三原です。

今回は「ピック&ロールはミニバス、中高生にはいらない」というお話しです。

ピック&ロール、とても流行ってますね。

ボールマンにスクリーン(壁)に行って、そこからディフェンスのズレを作るプレイです。

これをやるときに他の3人は

  • 広がっておく
  • スペースを取っておけば
  • ディフェンスはカバーしにくい

という方法が一般的です。

ただ、これをやるとだいたいは

  • 3Pシュートで終わる
  • ゴール下でシュートはできない

ということが多いです。実際には。

わたしは高校生の指導者ですが、

高校生でピックをすると、ほとんどカバーされて終わります

確かにアウトサイドはノーマークになりますが、

  • そこまで3Pが入るわけでもなく、
  • むりやりにインサイドにパスを入れようとすれば
  • 絶対パスミス

原因は「ピック以外の3人が止まっていること」にあります。

じゃあどうするか?

わたしの結論はこれです。

  • ピックの前に動く → カバーに行かせない
  • ピックよりハンドオフにする → ドリブルしない

まずは5アウトに広がります。

これでピックに入るのではなく、オフボールがカッティングをするのです。

  • #1が#2にパス
  • #3が逆サイドからななめのカット
  • そこにパスを入れる

まずはこう動きます。それに加えて、

  • #1が残るとディフェンスが邪魔になるから
  • #1はアウェイ(ボールから遠ざかる)
  • 同時に#4とポジションチェンジ

こう動けば、ディフェンスは自分のマークマンを放っておけません。

つまりカバーに行けなくなるわけです。

このカバーに行けない状況で、#2と#3がハンドオフです。

ハンドオフのプレイは、手渡しパスの状況で、ピックと同じ効果があります。

#2が手渡しパスをもらった時、スクリーンがかかって、ノーマークが生まれます。

  • 無駄なドリブルをせず
  • パスして動く
  • 動きの中でハンドオフ

この方が良いですよね。

ピックばっかり使うと、ディフェンスが先を読みやすくなりますから、

オフボールが動いてハンドオフの方が、ディフェンスは守りにくいよ、というお話しです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

【あなたへのオススメ】

https://twitter.com/coach_manabu/status/1234397399675572224?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1231334663622287360?s=20

アマゾンの著者ページはこちら

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる