バスケ

【バスケ】最近のNBAはなぜ似た戦術が多いのか?

こんにちは、三原です。

この記事をお読みのあなたはNBAが好きですよね。

そんなあなたならわかっていただけると思いますが、

最近のNBAって、みんな同じ戦術で試合してないすか?

昔だったら、

  • 速攻主体のチームあり
  • ポスト主体のチームあり
  • トライアングルオフェンスあり
  • アイソレーション主体あり

と、いろいろなスタイルがあって、それが面白さだったと思います。

それが最近はどのチームも

  • 早い展開
  • ピック&ロール
  • ドライブ
  • キックアウト
  • 3P

こればかりな気がしません?

これ何でかっていうと、バスケが完成形に近づいたからなんです!

アナリティクスの発達

アナリティクスっていうのは、ゲーム分析ですね。

バスケットボールの試合を数値化して、勝つための方程式をはじき出すことです。

現代はスポーツ科学が発達して、この分野が目まぐるしく伸びてるんですね。

NBAでは世界最高峰のアナライザーがすべてのプレイを数値化していて、

公式サイトでもその数値は公開されています。

→ NBAのスタッツページ

そうして突き詰めると、だいたい似たような数値の傾向になったわけですね。

わかりやすく言えば

  • シュート期待値が1.0を越えると勝つ
  • 動けない長身者より、動ける低身長の方が数字が良い

この2つです。

期待値で試合を考える

シュートの期待値(Point Per Possession)とは「点数 x シュート率」のことです。

例えば2点シュートが50%ならば、

2x0.5=1.0 で期待値は1.0

そのシュートは打つこと自体に1.0点の価値がある、という意味です。

分析結果、バスケの試合はどうやら1.0を越えると勝つことがわかったようです。

今シーズン(19−20)のNBAでは、

  • トップがヒューストンロケッツの1.0
  • 最下位がオーランドマジックの0.78

だったそうです。(サイトはこちら

ちなみにこちらのツイートを引用させていただくと、2019年ワールドカップ(男子)では

  • 全チームの平均が1.0
  • 日本代表は0.75

だったそうです。

いずれにしても期待値1.0で勝つということを頭に叩き込みましょう。

昔はOKでも、今はダメなプレイとは

ずばり言いましょう。

  • ミドルシュートの2点
  • ポストプレイ

この2つはやらない方がいい、となってます。

 

期待値という概念がなかった15年前のバスケットは、

できるだけゴールに近づいてシュートしろ

というのが常識でした。

マイケル・ジョーダンが得意なプレイはミドルシュートとポストアップでしたから。

でも、現代バスケでは「期待値1.0越えなのです。

 

2点のミドルシュートは、せいぜい40%くらい。

ということは2x0.4で、期待値0.8

であれば、3点シュートが33%(3本に1本)入るなら、

3x0.33で、期待値1.0

 

試合中に2点が40%ってけっこう高い数字なんです。

なぜって、2点シュートはふつうディフェンスにチェックされながら打つので。

それに対して3点はチェックされないで打つことが多いです。

だから3点の33%はけっこう簡単です。

リングの距離ではなく、期待値でシュートを選べ、ということになってます。

 

また、ポストアップも同様です。

ポストプレイはゴールに近いので、50〜60%は期待できるので、期待値は1.0を越えるでしょう。

でもポストプレイは、ふつうディフェンスと真っ向勝負のプレイです。

チェックをされながらシュートすることが全体です。

それに対してドリブルのドライブならば、ディフェンスは遅れている(抜けてる)状況です。

シュートはしやすいですし、ファウルがもらいやすい。

最も期待値の高いシュートになります。

 

ポストプレイするなら、広くしてドリブルで割れ

この理論を決定づけたのはドリブルドライブモーションですね。

アメリカの高校を指導するヴァンス・ウォルバーグさんの理論がすばらし過ぎて、世界中に広がったオフェンスシステムです。

DDMについては過去記事で詳しく述べてますので、もしよかったらお読みください。

→ ドリブルドライブモーション 育成年代にぴったり!

 

  • ミドルレンジを避ける → 3P
  • ポストアップを避ける → ドリブルドライブ

こう価値観が変わった現代のバスケでは、

  • 少しくらい小さくても動ける
  • そしてシュートがうまい選手

こういった5人でラインナップを組んだ方が良い、ということに当然なります。

さらに、ハーフコート主体からスピードあるゲーム展開になります。

早くボールを運んだ方が、ドライブが簡単ですからね。

 

絶対に勝ちたいプロの世界。ゲーム分析の発達により、勝つための数値が証明されて、

どこのチームも似たようなプレイになってる。というお話です。

育成年代は真似すべきか?

ここまでお読みのあなたは、きっとこうお考えでしょう。

  • 理屈はわかった
  • でも、NBAと子供たちは違う
  • 子供にNBAの真似させていいのか?

わたしも現役の高校チーム指導者ですから、このことをよく考えます。

結論から言うと、真似すべきです。

だって絶対に勝つためのプロの世界が取り入れている理論です。

まちがってるはずがないからです。

でも、ひとつ考えるべきことは「シュートをちゃんと教える」ことですね。

つまり今までのべた理論は、シュートの期待値が前提になってるので、

  • 3Pが33%入る
  • ドライブが60%入る
  • フリースローが70%入る

こういった個人スキルが前提です。

なのでシュート入らない子に、丁寧にシュートを教える練習がとても大事になります。

目安としては全体練習の10%以上はシュート練習に当てるべきです。

2時間(120分)であれば、12分くらい。

このくらいは個人のシュート練習を最低限すべきです(自主練ではなく)。

 

なので、期待値を元にNBAから学んで真似することは、子供たちに無茶をさせることではなく

シュートを教えて、数字で試合を振り返る。という

とても本質的な良いコーチングができると思ってます。

 

最後までお読みくださり、感謝しています。

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てる資料があるはずです。

→ 三原学@バスケの大学 図書館

ありがとうございました。それでは、また。

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる