オフェンス

わたしの信じるオフェンス 【バスケ理論】

こんにちは、三原です。

今回は「わたしの信じるオフェンス」というお話です。

指導は「信じたものしか力にならない」と言われます。

ただ知識として知っているだけでは意味がなくて、

くり返し指導したり、自分でその理論を発展させないといけないからです。

このブログやYouTubeチャンネルで紹介しているように、

わたしは多くの戦術知識があります。

しかし、そのすべてを信じているわけではありません。

  • 客観的に優れたものと
  • 自分の指導に生かせるもの

これは別だと思っているからです。

その意味から、わたしの信じているオフェンスを紹介します。

  • 中高生にはフリーオフェンス(自分で考える)
  • パスアンドラン主体
  • オフボールが活躍

という考えがわたしの信じるオフェンスです。

少し具体的に言うと

  • #1が#2にパスをする
  • ボールが空中にあるうちに
  • #3がななめにカット
  • #3にパスが入ったら
  • #2と#3がハンドオフ
  • #1は邪魔になるので、アウェイ
  • #4とポジションチェンジ

このようにパスアンドランで、オフボールが活躍します。

さらに、

  • ボールが#3に入らなければ
  • #4→#1へパスを展開
  • #4がななめのカット

というように、逆サイドでパスアンドランをくり返します。

この動きをしているもう一つの攻め手としては

  • たすきがけのドライブ

があります。

  • ななめのカット
  • アウェイ
  • ポジションチェンジ

をすると、ディフェンスは自分のマークを放っておけません。

全員が一瞬「マンマーク」になるので、

  • その裏にスペースが空く
  • そこを「交差(たすきがけ)」するようにドライブ
  • 誰もカバーに来られない

となります。

これを1つの基本として、

  • 個人が考えて
  • パスアンドラン
  • オフボールが活躍

というオフェンスがわたしの信じるオフェンスです。

これを選手に身につけさせるために

  • ドリブルなしの5対5

をたくさん練習します。

その名の通り、ドリブルを使わないで5対5をやります。

本当に良い練習です。

ぜひやってみてください。

動画ではこのオフェンスをもう少し詳しく解説しています。

ぜひYouTubeも見てみてください。

最後までお読みくださり感謝しています。

三原学でした。それでは、また。

 

【わたしの教材】

”常に攻撃的であれ” 初心者が1から学ぶバスケットボールのディフェンス

(noteはこちら) → https://note.com/coach_mm/n/nba942ec5a536

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する