ディフェンス

【バスケ】マンツーマンディフェンスの基本ルール チームディフェンスの基礎をわかりやすく解説します

こんにちは、三原です。

  • マンツーマンを正しく教えたい
  • 1対1だけじゃなく、チームでディフェンスをさせたい
  • ディフェンス練習の手順が知りたい

こんなお悩みを持つあなたに向けて、この記事を書きました。

動画講義はこちらをどうぞ!

マンツーマンで大事なのは「考え方の共有」

現在のバスケットボールでは、マンツーマンディフェンスの指導の重要性が高まっています。

中学生以下はルール上、マンツーマン以外は禁止です。その理由は、

  • 個人のスキルを伸ばすため
  • 基本戦術を理解するため
  • 指導者が勝ちにこだわりすぎないため

つまり、マンツーマンを正しくできることが「良い選手になる最善の方法」ということができるんです。

ただし、マンツーマンディフェンスを正しく教えられる指導者は、正直少ないです。

とにかく走らせたり、ひたすらプレスをさせたりするチームが多いです。

自分たちより弱いチームに勝つだけならいいんですが、本質とはずれています。

 

わたしがオススメするのは、選手全員が「考え方」を共有することです。

具体的には以下の3つ。

  • プレッシャーとは何か
  • 方向づけ
  • ボールラインを守る

これらを最初に教えて、全員の頭の中を統一することです。

「プレッシャー = 嫌だと思わせる」こと

よく指導者は「プレッシャーをかけろ!」とベンチから叫びます。

でも意外とプレッシャーの意味を、チームで共有できていません。

ディフェンスでプレッシャーをかけることは不可欠です。

わたしはプレッシャーを「相手が嫌だと思うようにする」と定義しています。

まずはここをおさえておきましょう。

ディフェンスは攻撃だ

ディフェンスは守り、ととらえるのはやめましょう。

立場としてはまもりかもしれませんが、気持ちは「攻め」であるべきです。

  • 攻める気持ちで
  • 相手より有意な気持ちで
  • 強気な態度で

こんな気持ちでディフェンスすることが大前提です。

ボールやオフェンスの動きについていくのではなく、自ら仕掛けて、相手を誘導させるのです。

「すべて止めようとしてすべてやられる」が最悪

とはいえ、プレッシャーはボールを取りに行くことではありません。

よく、とにかくボールを取りに行って、スコンスコンと抜かれる人を見ます。

これだと、相手に楽をさせちゃいます。

そうではなくて、相手がやりたいことをやらせないという仕掛けが重要です。

たとえば、

  • 走るのが得意な人には、走らせない
  • シュートが苦手な選手に、打たせる
  • フリースローが苦手な選手に、ファウルする

こんなことです。

自分の得意なことが消されると、相手はイライラするでしょう。

このような気持ちにさせることができたら、ディフェンスの勝ちと思ってください。

逆に、何でもかんでもボールを取りに行って、結果的に「全部やられた」というのが最悪です。

試合が終わった後、相手に「このチームとは2度と試合したくない」と思わせることがディフェンスのプレッシャーです。

方向づけは「ノーミドル」

さて、ここから戦術の話です。

まず最初の合言葉は「ノーミドル」です。

これはボールをどこに追い込むか、という方向づけのことです。

わたしの考えでは、サイドラインやエンドラインにボールを誘導するのがベストです。

その理由を解説します。

コーナーがディフェンスにとって最高の場所

わたしは練習中、こんな質問を選手たちによく投げかけます。

クイズ:コート上で、オフェンスにとって最高の場所は、次のうちどれでしょう?

どうでしょう?答えましたか?

わたしの考えでは、まん中のAが最高の場所です。

なぜならば、オフェンスに360度の選択肢が与えられるからです。

逆に最悪の場所はコーナーのC。ここは90度しかありません。

つまりは、ディフェンスからすると

  • ミドルに行かせてはダメ
  • コーナーが最高の場所

ということになりますね。

サイドライン、エンドラインに追い込む

なので、ボールはサイドライン、エンドラインに追い込みましょう。

ラインは絶対に抜かれないディフェンダー。ディフェンスにとって最高の友達です。

もうちょっと方向づけを具体的にすると、

  • フリースローラインとミドルラインでコートを4分割する
  • フリースローラインより上は、サイドラインに追い込む
  • それより下は、エンドラインに追い込む

こういうイメージをまずはチームで共有しましょう。

ボールライン

ボールラインとは、「このラインより後ろだけ守りましょう」という意味のラインです。

ボールがある場所より後ろ、というのが基本なんですが、ボールがどこにあるかによって少し違ってきます。

わかりやすく解説しますね。

シュートエリアまでは並行のライン

相手がボールを運んでいる時は、かんたんです。

  • ボールとエンドラインが並行の線をひく
  • ここよりも後ろだけを守る

これだけです。

この線より先は守る必要はないです。

ボールはリングに向かって進んでくるわけですから、そこだけ守るってことです。

とても当たり前ですが、とくに初心者にはこれを教えましょう。

シュートエリア内はリングと直角のライン

シュートエリアにボールが入ったら、並行の線だと守り切れません。

たとえば、こういうことです。

ボールがウイングにあるときに、ボールラインをここだとするとダメですよね。

ハイポストとか3ポイントは守らなくていい、ってなってしまいます。

なので、シュートエリア内はこのようにボールラインを作ります。

  • ボールとリングを結ぶ
  • その線から直角に線を引く
  • その線をボールラインとする

こうすると、本当に守るべきラインがわかるでしょう。

とくにトップへのパスをディナイすることは大事ですね。

まとめ

ディフェンスの基本ルール
  • マンツーマンディフェンスはすべての基本
  • でも、ただやらせればいいわけじゃない
  • まずはチームでルールを共有
  • 必要なのは3つ
  • プレッシャーの意味
  • 方向づけ
  • ボールライン
  • プレッシャーとは、相手を嫌な気持ちにさせること
  • 方向づけは、ノーミドル
  • ボールラインは、シュートエリアかどうかで変わる

というお話です。

ぜひ、あなたのチームにお役立てください。

 

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる