コラム

ミスが多い方が負ける

こんにちは、三原です。

さて、試合をすると勝敗がつきますね。
どっちが勝つでしょうか?

わたしは前まで「強い方が勝つ」
そう思っていました。

でも最近は、ちょっとちがうな。
そう思ってます。

だって、たとえばNBAの試合とか
レイカーズ対セルティックス

どっちも強いじゃないですか。
どっちが強いとか、わかんないですよ。

じゃあ、なにが勝敗をわけるのか?

わたしの答えは
「ミスが多いほうが負ける」

これです。
これしか考えられません。

ということは
ミスが少なければ、負けない
と言うこともできます。

====

ハインリッヒの法則ってのがあって

・1つの重大な事故の前に
・29回の「ハッとする」ことがあり
・300回の「ヒヤリ」がある。

通称、ヒヤリハットの法則です。

交通事故の保健の授業とかで
わたしはこの話をしますね。

「小さなヒヤリのうちに気をつけて
重大な事故を起こさないようにしましょう」

そんな話なわけです。

じゃあ、バスケに置きかえると

・1つの重大な負けの前に
・29回のミスがあり
・300回の小さなミスがある

ということですね。

====

このメルマガをお読みのあなたなら
わたしが「ボトムアップ」指導者なこと
すでにご存じですよね。

・選手の自主性を出す
・選手に決めさせる
・選手が主役にする

わたしがボトムアップをする理由は
1つがこのヒヤリハットなんです。

もしわたしのチームがトップダウンで
「右に行くぞ!」と言ったら
誰も疑わずついてくるとします。

もし右に崖があったら、
全員落ちて死んじゃいますね。

でも先生が右って言うから
誰もなにも言えない。

こういうチームは作りたくないんです。

逆にボトムアップだったら
わたしが「右だ」と言ったら、
生徒たちは一緒に歩きながら

「あ、先生、あそこ崖があるよ」
「左も行ってみませんか?」

と必ず言ってくれるはずです。

これは例えですが、
ボトムアップで自主性が育つと
日頃の練習や生活でミスが減らせます。

全員が考えて、
意見を言う習慣がついているからです。

わたしは自分の生徒たちを
誇りに思っています。

あなたのチームの練習や
日常生活は
ミスを減らせる仕組みになっていますか?

わたしは常に、こういったことを考えて
「負けない」チームを目指してますよ
というお話です。

ありがとうございました。
三原学でした。
それでは、また。

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!