オフェンス

【バスケ戦術】ミニバスでも使えるセットオフェンス

こんにちは、三原です。

今回は「ミニバスでも使えるセットオフェンス」というお話です。

読者さんから質問を頂きました。

ミニバスの指導者です。

ここ1本という時に使えるセットプレーがあれば教えてください。

ということです。ありがとうございます。

これにお答えする形で、セットオフェンスについてのわたしの考えをお話します。

  • オフェンスの指導に悩んでいる
  • 自分のチームに合ったオフェンスを作れない

という方は、その悩みが解決しますので、ぜひお読みください。

動画講義はこちら!

ミニバスでも使えるセットオフェンス

セットオフェンスは、自分のチームの特徴に合わせて作るものです。

良くある失敗は

  • 他のチームが使っているのを真似した
  • 全然うまく行かなかった

ということ。

考えてみれば当たり前です。NBAとかで見て、それを真似しても、選手の特徴が違いますからね。

だからできるだけ「モノマネ」ではなくて、コーチが作る方がいいんです。

わたしはセットプレーを作る時に3つのことを意識しています。

  1. 誰にシュートをさせるか考える
  2. 動きをできるだけ減らす
  3. てっとり早く2点取るにはバックスクリーン

誰にシュートをさせるか考える

まずこれが大前提ですが、けっこう忘れがちです。

他のチームのプレーをそっくりそのまま真似ても失敗する原因はここにあります。

  • もしあなたのチームがセンター主体ならば、センターに打たせるデザインをしましょう。
  • シューターに打たせたければ、その子にスクリーンをかけるようなデザインにしましょう。

誰に1対1をさせるのか?

誰にスクリーンをかけるのか?

それを前提に考えます。

ちなみに、子供たち同士で相談させて、セットプレーを作らせるのも1つの方法です。

ああだ、こうだと言いながら、喜んでプレーを考えるはずです。

そういう練習そのものがバスケット観を豊かにします。

動きをできるだけ減らす

下の図は、スクリーンが4回入っています(フレックスオフェンスです)。

動きが増えればディフェンスはたしかに対応しにくくなるでしょう。

でも、オフェンスも間違えやすくなります。

ミニや中学ならなおさら。動きが多いと試合中で必ず間違えます。

だから、できるだけ簡単にしておくことは大事です。

セットプレーの目的は、選手が動くことではなく、点を取ることですから。

良く試合中にコーチが「なに間違えてんだよ!」って選手に怒鳴ったりするのを見ます。

わたしに言わせれば、それって難しいのをやらせたコーチの失敗です。

動きの数は少なくして、できるだけシンプルにしましょう。

例えばセンターにシュートさせたいのであれば、図のような1回スクリーンで十分です。

てっとり早く2点取るにはバックスクリーン

シュートはゴールに近いほど良く入ります。

だからスクリーンをかける時、ゴール下でノーマークができやすいバックスクリーンにしておくことが有効です。

バックスクリーンとは、ディフェンスの背後からかけるスクリーンです。

ディフェンスは対応しにくいので、オススメのスクリーンプレーです。

逆に「ダウンスクリーン」という方法があります。

これはノーマークがアウトサイドにできます。

3Pを打たせたい、という時は別ですが、そうでなければ「難しいシュートチャンスをあえて作る」ことになります。

なので、2点取るためのプレーとしては、できるだけバックスクリーンを計画するのをオススメします。

まとめ:選手の自由な発想を第一にしましょう

セットプレーはあらかじめ計画しておくことで、効率よくプレーするメリットがあります。

一方で、選手はあんまりおもしろくありません。

自主的な発想が制限されるからです。

だからわたしは、自分のチームにあんまりセットプレーをやらせていません。

動きを固めてしまっても、そんなに良いことがないと思うからです。

使うとしたら

  • スローイン
  • タイムアウト明け
  • クォーターの終わり

こういうポイントで使うようにしています。

それ以外は、1対1とパス&ランが主体のフリーオフェンスです。

選手と良く相談して、試合で使える形のオフェンスを作ってください。

くれぐれも「コーチにやらされる雰囲気」にならないように気をつけましょう。

【参考文献】

大学バスケ界の名将、日高先生と恩塚先生の共著です。いろんなパターンが参考になります。

最後までお読みくださり、感謝しています。

この記事に共感してもらえたら、わたしの著書もお読みくださると嬉しいです。

【アマゾンで書籍出版中です】

バスケのオフェンス、悩んでませんか?

  • どう教えたらいいかわからない
  • どうプレイしたらいいかわからない

オフェンスって、難しく感じますよね。

ポジションをはっきり決めてプレイすれば、ワンパターンになっちゃうし

フリーでプレイすれば、味方同士が邪魔しちゃったり

どんなオフェンスが一番いいのか、悩む人が多いんです。

バスケ指導歴16年のわたしも、常に悩んでいました。

でも、やっとひとつの結論を出せました!

それが「5アウトのモーションオフェンス」です。

パターンオフェンスでもなく、フリーオフェンスでもない

6つの「原則」に基づいて、選手が自己判断するオフェンスです。

  1. 5アウトのスペーシング
  2. ポジションを固定しない
  3. パス&カット
  4. ドライブに合わせる
  5. ショートコーナーを使う
  6. 常にバックドアを狙う

この6の原則は、無駄なドリブルが少なく、プレイしやすいので

高校生はもちろん、中学やミニバスでもプレイできる内容です。

やってて、見てて、教えてて楽しい

さらに効果もある、最高のオフェンス方法だと信じてます。

この本ではプレイのやり方を解説するのに加えて、

練習方法も紹介しています。

図がたくさんで読みやすくまとめましたので

スマホで手軽にお読みください

アマゾンの電子書籍です。

noteの方が読みやすい!という方はこちら

→ https://note.com/coach_mm

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる