バスケ

【バスケ】ミートシュートの練習方法

ミートシュートの練習方法

 

こんにちは、三原です。

今回は「ミートシュート」の練習方法について、深掘りして解説します。

パスをキャッチしてシュート、という単純な練習で、どこのチームもやってると思いますが、

次のポイントを意識するとだいぶ効果が上がりますよ、というお話です。

動画講義はこちらです。

練習の方法

まず、基本的な練習の仕方は、次のような形です。

  • フリースローラインの延長上、両側に並ぶ
  • コートの真ん中でミート(ダッシュ)してパスをもらう
  • もらったらシュート
  • 自分でリバウンドに行く

毎日の練習や、試合前のウォーミングアップでよく見られる練習ですね。

ただ1人でシュート練習するより、「ミート、キャッチ、シュート」という動作になるので、

実際の試合の動きに近いということがメリットです。

もらう前が大事

この練習、シュートよりもまず「もらう前」が大事なんです。

ディフェンスはいませんが、いると想定してください。

  • 最初にVカットする
  • ボールに向かってダッシュする

この2つの動きを、スピードをつけてやることです。

さらにパスを受ける時は「はい!」と大きなキャッチボイスを出しましょう。

パッサーの名前を呼んでもいいです。

ほとんどのチームはこの辺を疎かにして、だらだらとやってると思います。

でも「もらう前」の質を上げるだけで、ずいぶん違う練習になります。

もらい足をはっきり

もらい足も重要です。

はっきりと「1・2」のステップで床を踏むことが大事になります。

そのためには「ボールが空中にあるときにボールをつかむ」ということをやってください。

何となくもらい足を作ると、力強いステップができないだけでなく、トラベリングにもなりやすくなります。

悪い癖をつけないために、最初のうちは意識してやりましょう。

なお、図の場合は「左・右」の順にステップするのがふつうです。

ダミーディフェンスをつける

動きに慣れてきたら、ダミーでディフェンスをつけましょう。

バスケは「認知→判断→実行」の順でプレイを選ぶ競技です。

ただ「実行」の練習ばかりすると、試合で使えません。

ディフェンスを見て、判断する練習を必ずしましょう。

具体的には、図のようにディフェンスを立てて、

ボールミートの瞬間に、ディフェンス役は次の選択をさせます。

  • 両手が下がっていたら、ジャンプシュート
  • 手を上げていたら、ドライブ

この練習をするだけで、ディフェンスとの駆け引きを覚えます。

まとめ:試合中をイメージしましょう

単純なミートシュートですが、質を高めるために、けっこうやるべきことはある。

それがお分かりいただけたことでしょう。

練習は「量より質」です。

そして質を高めるための合言葉は「試合中をイメージしましょう」ですね。

ミートシュートのような基礎練習ほど、試合をイメージしてプレイしましょう。

 

最後までお読みくださり、感謝しています。この記事に共感してもらえたら、下の記事もお読みくださると嬉しいです。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1246553616522960896?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1243272972615352320?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1234397399675572224?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1236015594010365952?s=20

 

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する