『常に攻撃的であれ』 バスケットボールコーチ・三原学のブログ

バスケットボールのディフェンス【ロ―ポストの守り方】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。バスケットボールにおけるモットーは「常に攻撃的であれ」。

こんにちは、三原です。

お読みくださり、感謝しています。

今回は「ローポストのディフェンス」というお話をさせて頂きます。

 

ローポストとは、ゴール下近辺のポジションのことです。

ここでボールを持つと、即得点につながります。

オフェンスとしては、いかにしてローポストにボールを入れるかがカギになり、ローポストにボールが集まった回数が多い分、得点が増えると言っても過言ではありません。

 

ディフェンスからすると、ローポストのディフェンスは「最重要」であると言えます。

なぜならば、ローポストにボールが集まること自体、ディフェンスの崩壊を意味するからです。

 

まずはローポストにパスを入れさせないように守るのですから、基本的には「ディナイ」になります。ただし、通常の付き方と少し異なる部分があるので、今回はそれを解説します。

 

下の図のような状況をもとに解説します。

#1がトップでボールを持っています。

#2がウイングにいます。

#3がローポストです。

この3人のうち、ローポストにいる#3にボールが入るとディフェンスが崩壊するので、それを止めたいわけです。

図のように、ボールのあるサイドから、つまり「上から」ディナイします。

 

 

これを写真で見ると、次のようになります。

(写真:倉石平のディフェンシブバスケットボールより引用)

 

私は「心臓の音を聞くつもりで、べったり」と指導しています。

パスを遮るというより、相手を押し出す感じです。

 

次に、45度にパスが移動した場合です。

このときは、同じポジションのままだとパスが入ってしまうので、ディフェンスもポジションを変えます。

注意点は、「必ず前を通る」ということです。

後ろを通ってしまうと、オフェンスにポジションを与えてしまい、パスを通されてしまいます。

 

写真ではドリブルで45度に移動していますが、同じことと捉えてください。

前を通ってポジションを変えているのがわかると思います。

 

そして、45度にボールが移動したら、今度は「下から」ディナイになります。

ちょうど#1がボールを持っていた時と、正反対の位置です。

 

要点をまとめます。

  • ディナイは、心臓の音を聞くつもりで、べったり。
  • ボールがフリースローラインよりも上にあるときは、上からディナイ。
  • ボールがフリースローラインよりも下にあるときは、下からディナイ。
  • 移動は、必ず前を通る。
ローポストのディナイは体のぶつかり合いに負けない、精神的な体力も重要です。また、教わっていないと、簡単に前のポジションを取られて、パスを通されてしまいます。
一方、精神的にタフで、しっかりと教わっている、練習しているチームは、このローポストのディフェンスをしつこくすることができます。「よく練習してきたな」、「がんばっているな」と、専門家が見ると、非常に応援したくなる、そんな部分がポストのディフェンスです。特に背の低い選手たちが、体を張って懸命にポストのディフェンスをする姿は、感動を呼びます
指導者が適切な守り方を教えて、タフに守れるように鍛えてあげましょう。
きっと選手たちはその期待に応えてくれるはずです。
最後までお読みくださり、感謝しています。
ありがとうございます。
三原学でした。それでは、また。
この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。バスケットボールにおけるモットーは「常に攻撃的であれ」。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バスケの大学 , 2019 All Rights Reserved.