コーチング

負けた後に何が残るか?【バスケのチームづくり】

こんにちは、三原です。

勝ちを目指す中で

選手、コーチであれば、すべての試合に勝ちたいのが人情です。

しかし、すべての試合に勝つことはできません。

夢も希望もない言い方ですが、あなたもわたしも、試合は絶対に負けます。

負けるんです。

例えば、わたしは高校生を教えていますが、全国大会の予選がいわゆる「引退試合」になります。

その中で全国に出られるチームは、100校に1つだけです。99チームは負けます。

  • 全国に出ても、全国制覇をするチームは1つだけ。
  • 日本一のチームも、世界大会に出れば負けます。
  • 世界一のチームも、次の試合には負けることがあるでしょう。

そう考えると、負けるんです。全員。

負けたときの気持ちを想像しよう

で、今日の本題ですが「負けた後に何が残るか」これがすごく大事なんです。

  • うまくなりたい
  • 試合に出たい
  • 勝ちたい

これが全員の人情だからこそ、負けた時に何が残るかを考えるべきです。

負けた後、残ったものが次のようなものだったらどうでしょう?

  • あいつのせいだ
  • 悔しくもない
  • このチームじゃなきゃよかった

一方、次のようなものが残ったらどうですか?

  • 悔しい。でも、すっきりした
  • このチームでよかった
  • お互いに感謝してる

どちらがいいでしょうか?

試合に出れないメンバーの気持ちは?

また、試合の勝ち負けも大事ですが、「試合に出る、出ない」は、選手にとって勝ち負け以上に大事な問題でしょう。

そんな時、出られない選手が試合に負けたあと

  • ざまあみろ
  • あいつらだから負けたんだ
  • おれが出てればこんなはずなかった

こういう気持ちが残ったら、どうでしょうか?

一方で、

  • 試合に出たかった、でも、仲間ががんばってくれた
  • このチームでよかった
  • 相手チームに、次もがんばってほしい

こんな気持ちが残ったら、その後の人生でどうでしょうか?

どんな過ごし方をするかで決まる

負けた後にどっちを残したいかは、言うまでもないでしょう。

そして、どっちを残したいかは、すべて自分たちで選べます。

  • どんな日常を過ごしてきたか
  • どんな時間を共有してきたか

それによって、負けた後に残るものって、決まるはずです。

今の自分たちの過ごし方はどうですか?

わたしももちろん、とてもじゃないけど、完全完ぺきではありません。

でも、こんなことは常日頃考えて生きているつもりです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

三原学でした。

それでは、また。

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する