ディフェンス

リバウンド、ブロックショット、ルーズボール 【バスケ理論】

こんにちは、三原です。

お読みくださり、感謝しています。

今回は【リバウンド、ブロックショット、ルーズボール】の取り方というお話をさせて頂きます。

この記事を読むメリット

  1. ボールを取る瞬間のコツがわかる
  2. リバウンド、ブロックショット、ルーズボールのとき、気をつけるポイントがわかる

ディフェンスの最終的な目的は、「ボールを取ること」です。

いくら良いディフェンスをしても、ボールの所有が相手チームのままならば、それは意味がありません。

そのくらい大事なボールの取り方を説明します。

ボールを取る瞬間は大きく分けると、

  • 相手のミス(パスミスやトラベリングなど)
  • シュートが落ちたとき

の2つに分けられます。

相手のミスが多ければ多いほど理想ですが、現実はシュートされる方が多いのは当然です。

そこで、一番試合中に多いのは「シュートを落とさせて、そのボールを取る」ということです。

まずはこれを認識しましょう。

 

(1)ブロックショット

ブロックショットとは、シュートされるボールに触って、ボールをリングに届かせないことです。

しかし、ブロックショットはそう何度もできるものではありません。

1試合で、1人1回、できるかできないか。そのくらいだと思います。

しかし、大事なことは「ボールが取れなくても、確率を下げさせる」ということです。

具体的には「必ず毎回、手を上げること」です。

写真で見るとこのようになります。

(写真:倉石平のディフェンシブバスケットボールより引用)

ディフェンスは足が前後になって構えているはずです。そして、前足の方の手がボールに向かって出ているはずです(写真では右手になります)。

その手を、必ずシュートに対して上げるのです。

必ず、毎回、です。

すべてのシュートはブロックできません。

しかし、すべてのシュートの確率を下げることはできます。

すべてのシュートに手を上げることはできます。

私はこの意味から、ブロックショットに手を上げることを「チャレンジ」と呼んでいます。

すべてのシュートに対して「チャレンジ」しましょう。

遅れてでも必ずチャレンジする。そのような癖をつけたいものです。

昔私が指導した選手で、いつもしつこくチャレンジしてくれる選手がいました。

身長は169cmだったはずです。小さい選手です。

その選手はこう言っていました。

「ボールに触れれば最高。でも届かなければ、せめて肘に触ってやろう。それも届かなければ、せめて顔の前に手を広げてやろう。いつもそう思ってます」

このくらいまでしつこくできれば、100点満点です。

 

(2)リバウンド

リバウンドはキャッチも大事ですが、まずは「スクリーンアウト」と言って、自分より前に相手を入れさせないことが大事です。

自分の体を壁にして、体を張って相手を押し出すのです。

スクリーンアウトで大事なことは、「自分から相手にぶつかりに行く」ことです。

相手が来るのを待ってはいけません。

自分から仕掛けるのです。

これはよっぽど意識しないと、難しいことです。

なぜならば、シュートされる直前まで、ディフェンスはボールを見ているはずです。

それを、シュートされた瞬間に、ボールから目を離してマークマンにぶつかりに行くわけですから、難しいのです。

しかし、必要な技術として、「アウト!」を合言葉に習慣化しましょう。

床に落ちたボールを取るくらいの気持ちで、徹底すると良いでしょう。

なお、空中でタイミングよくボールをつかめたら、次のような姿勢になります。

大事なことは2つです。

「足幅を広く着地すること」と「あごの下にボールをキープすること」です。

リバウンドはゴール下に敵が密集します。

ボールを触られないように、このような力強い姿勢を作りましょう。

そしてこの姿勢は、着地の時の捻挫などを防ぐことにもつながります。

 

(3)ルーズボール

ルーズボールとは、リバウンド以外の「誰のものではないボール」のことです。

ボールが弾むこともありますが、多くの場合は床にころがったボールを取り合うことになります。

技術というより、絶対にとってやる!という気持ちが表現されるプレイになります。

合言葉は「床で取れ」です。

なぜ床でとるのか?

それは、その方が「力強く取れるから」です。

よく立ちながらボールを拾う選手がいますが、これはボールを強くつかめません。

また、接触によって怪我も多くなってしまいます。

立ったまま取ろう選手がいれば、そのチームははっきり言ってルーズボールのコーチングを受けていないと言えるでしょう。

 

ブロックショット(チャレンジ)、リバウンド、ルーズボールを解説しましたが、これらができるだけで、素晴らしいチームになります。

試合に勝てますし、ひたむきな姿勢が表現されて、周囲から応援されるチームになるからです。

 

最後までお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!