コーチング

【コーチング】「聴く」は最も価値のあるスキルです

「聴く」は最も価値のあるスキルです

 

こんにちは、三原です。

これをお読みのあなたは

  • 人に説明することがうまくなりたい
  • 生徒や部下にもっと話を伝えたい
  • 人間関係で悩んでいる

そんなことをお考えではありませんか?

わたしは16年間、中学生・高校生と毎日接してきました。

バスケットボールを専門的に教える中で、人間関係の大切さを痛感しています。

その経験から「聴く」ことが最も重要ととらえています。

あなたの参考になれば嬉しいです。

動画講義はこちら!

欲求のレベル

人間は「自分の話を聴いてほしい」というとても強い欲求を持っています。

どのくらい強いかというとある意味「1番」強いんです。

欲求にはレベルがあって

  1. 生きる上で欠かせない生理的欲求(食欲、性欲、睡眠欲)
  2. 人と関わる社会的欲求(愛情、所属)
  3. 自分を発揮したい欲求(自我)
  4. 他社に貢献したい、認められたい欲求(自己承認)

この順で高まっていきます。

1が満たされると2が欲しくなる、という順です。

そのピラミッドの頂点にあるのが「自己承認欲求」で、

つまり「話を聴いてほしい」という気持ちは欲求の頂点なのです。

誰も聴いてないという悲しい努力

みんな自分のことで頭の中はいっぱいなんです。

地球の裏側で起きた大地震のことよりも、

朝起きて「今日はちょっと頭が痛いな」なんてことの方が

自分にとっては一大事。そんなものです。

だから、自分を認めてもらいたいという気持ちが常にあって、

「わたしが、わたしは、わたしの、わたしのもの」ばっかりなんです。

  • 会話をしているときは、自分がしゃべっているか
  • 次に何をしゃべるか考えてるかのどちらかです
  • カラオケをしているときは、自分が歌っているか
  • 次に何を歌うか選んでるかのどちらかです

誰も他人の話なんて聴いてないのです。

  • 話を聴いてほしいと思ってしゃべり続ける
  • でも相手は自分のことしか考えてない

という悲しい努力を世界中がしているのです。

聴いてほしければ、まず聴く

そんな中で、本当に話を聴いてくれる人がいたら、どうでしょう?

誰よりも大事な人ですよね?

  • 自分のことを話せず
  • 自分のことに置き換えず
  • あなたの話をうなずいて聴いてくれる

そんな人がいたら、本当に貴重な、ありがたい存在ですよね。

あなたの大切な人にとって、まずはあなた自身が「ありがたい存在」になりましょう。

もしそうなれたら、

いざ「話を聴いてほしい」というとき、あなたの話は聴いてもらえるでしょう。

まずは自分から、理解を示す側になりましょう。

価値とは「希少価値」

ところで「価値」とは何でしょうか?

一言で言えば「数が少ないこと」何です。

ダイヤモンドに価値があるのは

  • キラキラ美しいからではなく
  • 数が少ないから

なのです。

もしダイヤモンドが砂のように数が多ければ、

あの美しさを持っていても、価値はないでしょう。

つまり、あなたが「聴く」ことのできる人になれば、

それは「数少ない」価値のある存在になることを意味します。

聴けば、あなたはダイヤモンドのような価値ある人になれるのです。

まとめ:目指すことが大事です

このように言っておきながら、わたし自身も聴くことはできてません。

やっぱり難しいんです。

相手が話をしていても

  • わかるわかる!ボクの時はこうだったよ
  • へー、ところでさ、こう思うんだけど
  • それは違うよ!

とか何とか言って、自分のことを話てしまいます。

悪い癖です。

でもこれを、無意識でやってるのと

「ああ、やってるよ。もっと聴かなきゃ」と省みるのではまったく違います。

できなくても、目指すことが大事ですよ、というお話です。

【参考文献】

説明不要、人生の答えが書いてある本ですね。わたしもくり返し読んでいます。

 

最後までお読みくださり、感謝しています。この記事に共感してもらえたら、下の記事もお読みくださると嬉しいです。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1246553616522960896?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1234397399675572224?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1236015594010365952?s=20

 

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する