コーチング

【バスケ指導】ポジションを固定する必要はあるか?

ポジションを固定する必要はあるか?

 

こんにちは、三原です。

バスケットボールには「ポジション」があり、役割があります。

でも、あまりにもポジションにこだわりすぎると、選手を育てるうえで良くないことも起こります。

  • 決められたプレーしかできない
  • 将来性がなくなる

こういった心配です。特にミニバス、中学の指導者は悩んでいることでしょう。

一方で、やっぱりポジションは固定した方が良いメリットもあります。

  • 試合で自分のプレーに責任が生まれる
  • 得意技を伸ばすことがしやすい
  • 指導者が試合中に指示を出しやすい

これらは一長一短あり、答えはないです。

その上で、わたしは現役の高校バスケ指導者として、ポジション固定は「必要ない」と考えています。

動画講義はこちらです!

好きなことを見つけるために、まずポジションなしで

好きな食べ物何ですか?と聞かれてたら、あなたはきっと答えられるでしょう。

なぜ答えらるかと言えば、理由は簡単です。

今までたくさんのものを食べてきたから

これしかありません。

たくさん食べてみて

  • これじゃない
  • これは合わない

と感じて、いわば消去法で「自分の好き」を見つけるのです。

バスケのプレーでも同じことが言えて、最初から指導者が枠を与えると、好きなプレーが見つかりません。

  • やれと言われたからやった
  • たしかにうまくなったけど
  • おもしろいとは思わない

強豪校の出身選手ほど、こういう意見を持っているのが事実です。

わたしは自分の指導モットーとして「三原に出会ったからにはバスケを10倍好きにさせたい」というのがあります。

だから、自分の頭で考えてプレーすることを求めているので、

最初からポジションという名の枠を与えることはしません。

もちろんプレーのやり方、基本技術はきちんと教えます。教えるの、大好きですし。

でも「君はチームのために、これだけやりなさい」という限界をわたしから設ける指導はしてない、ということです。

新チーム期にはきっと負ける

ここまでお読みの方にはきっと次のような反論があるでしょう。

  • そんなこと言ったら試合にならない
  • 試合中に子供たちが何をやったらいいか、迷うじゃないか
  • そんなんじゃ試合に勝てないよ

はい、そのとおりです。

ポジションをはっきりさせないと、試合は負けます(断言)。

特に新チームになって間もなくの時期。たとえば夏休みの練習試合とか、負けまくります。

でも、それは「どっちを取るか」の話です。

  • ポジションを指導者が先に決めた場合
  • 練習が効率よくなる
  • 自分のプレイが明確になるので迷わない
  • 試合でプレーが組み立てやすい

というメリットがあるので、早い段階でチームが完成します。

でも逆に、最後の最後までチームが伸びるかというと疑問ですね。

なぜならば「先生にやらされている雰囲気」が最後までつきまとうからです。

シーズンの最初は負けても、答えは出さないで見守る。そんなスタンスで指導したらどうでしょう?というお話です。

子どもたちが認め合う「自然ポジション分け」が理想

ここまで読んだあなたにはきっと反論として

  • 勝たなくていいのか?
  • 試合中に役割分担があるのは大事なことじゃないのか?

と思うことでしょう。

それはもちろんです。試合に勝ちたいし、試合中の役割分担は必要です。

でも、練習の過程の中で、生徒たちが自主的にプレイする期間を与えれば

  • ぼくにはこれができる
  • 彼はこれが得意なんだ
  • このポジションなら〇〇くんにボールを集めよう

みたいな認め合いの雰囲気が必ず生まれます。必ず。

そこまで辛抱強く待てば、生徒たち同士で自然と「ポジション分け」を考え始めるのです。

こうなったら、チームはぐっと強くなります。

チームのために何ができるか?という考えでプレーをするからです。

個人練習にも熱が入るでしょう。

時間が経てば経つほど、「やらされてる雰囲気」はなくなります。

わたしの理想はこの状態です。

まとめ:真剣に考えることが一番大事です

いかがでしょうか?バスケ指導歴16年、わたしの考えです。

反論も含めて、あなたの考えるきっかけになれば嬉しいです。

わたしは現在、この考え方でチームを指導してます。

ドリブルの練習も、インサイドもアウトサイドも、全員に求めます。

得意なプレーを見つけて、それを伸ばすということを考えてます。

何より大事なのは「チーム作りはどうしたらいいのか?」といつになっても真剣に考える気持ち。

その姿勢です。

指導者の熱意は生徒に伝わり、バスケを10倍好きになる子が1人でも増えれば、それがわたしの幸せです。

参考文献

わたしが尊敬する高校バスケ指導者、伊藤恒先生の本です 。基本技術について詳しく解説されていますし、

ポジションについての考え方も書かれています。

 

最後までお読みくださり、感謝しています。この記事に共感してもらえたら、下の記事もお読みくださると嬉しいです。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1236015594010365952?s=20

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる