ディフェンス

ジャンプ・トゥ・ザ・ボールとは? ディフェンス論

こんにちは、三原です。

お読みくださり、感謝しています。

今回は「ジャンプ・トゥ・ザ・ボール」というお話をさせて頂きます。

この記事を読むメリット

  1. ジャンプ・トゥ・ザ・ボールの意味がわかる
  2. ボールの移動に対してディフェンスは何をすべきか具体的にわかる

「ジャンプ・トゥ・ザ・ボール」 Jump to the ball

これはディフェンスを行う上で、非常に大切な部分になります。

意味としては「ボールに飛びつけ」という意味ですが、パスによってボールの位置が変わったら、それに合わせてポジションを移動する動きのことを言います。

ボールマンにマッチアップしている場合、隣のプレイヤーにパスが出されたら、その瞬間に「ボールの隣のディフェンス」となりますから、ディナイの姿勢を取る必要があります。ちょうど下の写真のような状況です。

(写真:倉石平のディフェンシブバスケットボールより引用)

パスが出されたのにボールマンを守るのと同じ姿勢のままでは、自分のマークマンに走りこまれてしまうでしょう。下の写真はその失敗例です。

こうなると前を取られて簡単にパスが通されて、ランニングシュートに持ち込まれる・・・。という負けパターンになります。

それを防ぐために、パスをさせたらすぐに「ボールに飛びつけ」です。

このボールに飛びつくポジション移動を「ジャンプ・トゥ・ザ・ボール」と言います。

下の図は、ジャンプ・トゥ・ザ・ボールの全体イメージです。

Aはボールマンディフェンスをしています。

しかし、#1から#2にパスが出された瞬間に、役割が変わります。

ジャンプ・トゥ・ザ・ボールしなければなりません。

具体的には、

  • Aはボールからディナイにジャンプ。
  • Cはディナイからピストルにジャンプ。
  • Dはピストルから、さらにボール寄りの位置にジャンプ。
  • Bはボールマンディフェンスにジャンプ。

このようになります。

誰か一人でも気が抜けていてはダメです。

全員が同じ気持ちでジャンプしましょう。

そして大事なことは、「ボールが空中にあるうちにジャンプ」することです。

図で言えば#1から#2にパスが出されていますから、細かく言えば#1の手からボールが離れた瞬間に全員がジャンプし、#2がパスをキャッチしたときには全員が新たなポジションを占め終わっている。ということが大事です。

ポジション取りが遅れると、ジャンプしないのと同様にディフェンスが後手になります。

ディフェンスの心理状況として、ボールを持っているプレイヤーにマッチアップするときが一番必死になるものです。そして、パスが出された瞬間に「ホッ」と気を抜きがちです。

しかし、強いチームはこの一瞬のスキを見逃さず、攻めてきます。

パスを出されたときに気を抜かず、ジャンプ・トゥ・ザ・ボールです。

最初の頃は全員で「ジャンプいいよ!」と声を出しながらやりましょう。

習慣にするまでは、そのくらいの意識で練習してください。

そうすれば、チームディフェンスが非常に強固になること間違いなしです。

最後までお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる