コーチング

【バスケ】シュートフォーム ジャンプしながらシュートしよう

こんにちは、三原です。

今回は「シュートフォーム ジャンプしながらシュートしよう」というお話です。

 

シュートの時に重要なのは「体が上に上がっているときにボールを放つこと」です。「ジャンプの最高到達点でシュートしなさい」とよく言われますが、初心者のうちにこれをやろうとすると、感覚がつかめず、体が下がっているときにシュートすることが多くなってしまいます。

次の動画はその悪い例です。

 

体は下がる、ボールは上がる、なので力が分散して非効率ですね。わたしはこのようなシュートを「反比例のシュート」なんて呼んでいますが、こういうシュートはしてはいけません。

初心者がやるべきなのは「ジャンプしながらシュートする」ことです。体が上に上がっている最中にボールを放つのです。次の動画はその例です。

 

このようにシュートすると、ボールがとても軽く感じるはずです。この感覚をつかむことが大事で、次第に脚筋力やジャンプ力がついてくれば、最高到達点に近いところでシュートできるようになります。

わたしの早稲田大学時代の恩師・倉石平さんは体育の授業で「小さく構えて、大きくシュート」と教えていました。構えているときは手首、肘、腰、膝などが曲がった状態ですよね。それをシュートの時は「すべて同時に」伸ばすようにします。それが一番力の伝わりやすいシュートだということです。

ジャンプシュートの感覚をつかむ練習としては、軽くジャンプをしながらシュートします。ピョンピョンと3回ジャンプして、4回目にシュートします。動画でご覧ください。

 

ポイントとしては、ジャンプする前に「ボールを頭上にセットしておく」ということです。そして、ボールの位置は動かさず、ジャンプして4回目でシュートです。もちろん、レールがまっすぐになることを意識してフォロースルーしましょう。

シュートフォームについてわたしがまとめた記事はこちらです。

動画もあって、わかりやすいです。正しいシュートフォームの「完全攻略本」です。

→ https://note.com/coach_mm

最後までお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

 

【わたしの著書】

 

 

 

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する