バスケ

バスケ初心者向け うまくなる自主練のやり方

バスケ初心者向け うまくなる自主練のやり方

 

こんにちは、三原です。

ミニバスや中学校、高校でバスケを始めた人は

  • うまくなりたい
  • 練習したい

という気持ちが強くありますよね。

チーム練習だけでなく、自分の個人練習でライバルに差をつけたい。

そう思ってるあなたに自主練のやり方を紹介します。

結論は

  1. マイボールを買う
  2. ドリブルの練習をする
  3. シュートフォームを作る

です。

動画講義はこちらです。

マイボールを買う

まずはマイボールを買いましょう。

自分の家にボールがある、ということがバスケを好きな気持ちを高めます。

オススメは「安いゴムボール」です。

気軽に買えるし、ゴムボールであれば外でも使えるからです。

外用と家用と2つあるのも良いのですが、

ゴムボールであれば、外で使った後に水洗いしちゃっても大丈夫です。

例えばこんなボールがいいですね。

わたしも娘に買ったボールがこちらでした。

ドリブルの練習をする

自主練はまず「ドリブル」をやりましょう。

  • ドリブルがうまくなると
  • ボールのキャッチがよくなる
  • キャッチがよくなれば、投げること(パス)がうまくなる
  • パスがうまくなれば、シュートがうまくなる(シュートはリングへのパスだから)

という順番ですべてがうまくなるからです。

  • まずはその場でドリブル
  • Vの字ドリブル(体の前、横、後ろで)
  • サークルを使ってドリブル

このような練習方法がオススメです。

気をつけることは2つで

  • ボールを見ないでドリブルする
  • 利き手の逆は2倍練習する

ボールを見てのドリブルは、いくらうまくても試合で使えません。

ボールを絶対に見ないと心に決めましょう。

あと不思議なことに、(わたしは右利きなので)左手がうまくなると、なぜか右手もうまくなります。

でもその逆はないんです。

左手は2倍練習する。というのを覚えておきましょう。

シュートフォームを作る

これは家でボールを投げ上げるだけでできます。

  • 右肩の上にボールを持つ
  • まっすぐ投げ上げる
  • ボールが戻ってくる
  • 右手だけでキャッチ

これをくり返すと、シュートフォームの基本である「腕がまっすぐ」という形が身につきます。

下手な人はひじが開いてしまって、腕がまっすぐになりません。

これを強制するのです。

フォームについてはわかりやすくまとめていますので、そちらも見てください。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1231334663622287360?s=20

 アマゾンはこちら。スマホで読めます。

まとめ:ボールは友だち

「ボールは友だち」は有名なサッカー漫画「キャプテン翼」の名言ですが、

バスケもまったく同じです。

ボールを持っている時間が長ければ、それだけうまくなります。

今のやる気を大切に、がんばってください!

 

最後までお読みくださり、感謝しています。この記事に共感してもらえたら、下の記事もお読みくださると嬉しいです。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1234397399675572224?s=20

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる