オフェンス

アイバーソンカット シューターをフリーにするスクリーンプレイ

こんにちは、三原です。

アイバーソンカットって、とても使える動きです。

シューターをフリーするためのオフェンスエントリーとして使われることが多いです。

アイバーソンって何?

アイバーソンカットの名前の由来は、アレン・アイバーソンという有名選手の名前です。

アイバーソンは183センチという身長ながら、得点王にも輝いたほどのすばらしい選手でした。

この選手をフリーにするためのスクリーンとして使われた動きが、アイバーソンの名前と共に、今でも残っているんです。

1−4のハイセットになる

実際の動きはこういう感じです。

  • 1−4のハイセットになる
  • シューターはスクリーンを使う
  • 逆サイドはクリアする

3がシューター(アイバーソン)です。

この動きをして3がボールを持ったときは、とても広いスペースがあるので、1対1がしやすいはずです。

ピックもやりやすい

3が1対1するだけでなく、すぐ近くにいるセンター5がピックに行ってもOKです。

とても広いスペースなので、なんでもできますよ。

特にセンター5へのパスが通りやすいはずです。カバーが誰もいませんからね。

しつこいディナイにはカールする

最初にウイングのエントリーパスに対して、とてもしつこくディナイをされた場合は、カールカットしましょう。

ぐるっと回るようにカットすることで、ゴール下でパスをもらっちゃいます。

「ディナイにはカール」という合言葉、覚えておいてください。

オフェンスはエントリーが大事

最初に45度にパスを通すことを「エントリー」と言います。

オフェンスの入り方って意味です。

このエントリーがスムーズにできることが、セットオフェンスの成否を分けるんです。とても重要なのがエントリーです。

そのエントリーの1つとして、とても有効な動きがアイバーソンカットです。

ぜひあなたのチームで使ってみてください。

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!