オフェンス

バスケのスローイン コツがわかる セットプレイをわかりやすく解説

こんにちは、三原です。

バスケのスローインって、得点チャンスなんですよね。

しかも、試合中に何度もある。

このプレイを極めれば、かなり得点力があがります!

ということで、スローインはどうやればいいのか、それを解説しましょう。

  • スローインでミスが多い
  • スローインをうまく教えられない
  • もっとチームの得点力を上げたい

そんなあなたにオススメの記事です。

何回かにわたってスローインの連載記事、ぜひお付き合いください。

 

動画のほうが学びやすいという方は、YouTubeをどうぞ。

音声だけでも学べるようにつくっていますので、ぜひ聞き流してください。

スローインのコツ

スローインの目的は、安全にパスを入れることです。

フォーメーションでプレイを作りすぎて、一発で得点することだけにこだわり、パスミスをすることがよくあります。

もちろん、ワンパスで得点できれば楽ですが、ディフェンスも守ってくるわけです。

即シュートのプレイは「たまたまできた」くらいに考えておきましょう。

それよりも大事なのは、ミスをしないで安全にパスを入れること。

ここを選手が自覚しているだけで、ミスの数が大きく減ります。

そして、具体的には

  • 3番(フォワード)がパスを入れる
  • 1番(ガード)がパスを受ける
  • 5番(センター)がスクリーンになる

という役割分担をしておきましょう。

3がパス出しして、1がレシーブという形が鉄則です。

セットは大きくわけて3つ

フォーメーション自体は大きく3つに分かれます。

  • ボックス
  • ライン
  • フラット

それぞれ見ていきましょう。

ボックス

ボックスは、四角くポジションを取るセットです。

センターがスクリーンをかけて、ノーマークにするプレイが多いです。

あえてせまいスペースを作り、ディフェンスを閉じ込めてスクリーンをかけるって感じです。

エンドスロー、サイドスローのどちらにも使えます。

 

ライン

4人が1列に並ぶセットです。

1列に並ぶと、ディフェンスは困るはずです。

なぜなら、左右どちらかしか守れないからです。

たとえば、エンドのスローインでラインに並んだ。

このときにディフェンスは、こうつくしかないですよね?

すると、アウトサイドは絶対にノーマークになってしまいます。

ディフェンスは1方向しか守れない、という当たり前な弱点をうまくついたセットです。

エンドスロー、サイドスローのどちらでも使うことができます。

フラット

フラットは「たいら」という意味です。

横に広く、平らになって並びます。

1列に並ばれるので、ディフェンスにとっては相手がどこから攻めてくるのか、よくわかりません。

意表をつくプレイが多いのが、フラットの特徴でしょう。

このプレイは、エンドスローだけと思ってください。

サイドのフラットは、わたしはあまり見たことがありません。

まとめ

今日のまとめ
  • スローインの目的は、安全にパスを入れること
  • 一発シュートばかり狙いすぎない
  • パスミスで終わるのが一番良くない
  • 具体的なセットは3つ
  • ボックス
  • ライン
  • フラット
  • ボックスはスクリーンがかかりやすい
  • ラインは1方向しかディフェンスできないという弱点をつく
  • フラットは意表をつく作戦

というお話です。

1つ1つの具体的なプレイは、連載でお届けします。

明日以降をお楽しみに!

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する