オフェンス

【バスケ】モーションオフェンスをうまく指導するコツ オフェンスは「言葉」でルール化しよう!

こんにちは、三原です。

前回の記事では、モーションオフェンスの練習方法を紹介しました。

  • 3対3
  • 2対2
  • それを組み合わせて5対5

という順で練習するといいよ、というお話でしたね。

【バスケ指導法】フリーオフェンスを作ろう! 3アウト2インのモーションオフェンスバスケのオフェンス指導で悩んでいませんか?高校生以下の年代であれば、フォーメーションよりも「フリーオフェンス」がオススメです。この記事では、そんなフリーオフェンスの作り方、考え方、指導法をわかりやすく解説しています。...

今回はその続編として、モーションオフェンスの指導法について、細かいところを解説します。

YouTubeの動画でも解説しています。音声だけでも学べるようになっているので、聞き流しでもぜひどうぞ。

モーションオフェンスは言葉で指導しよう

モーションオフェンス(またの名をフリーオフェンス)とは、パターンオフェンスとの比較をすると、わかりやすいです。

パターンオフェンスというのは、すべての動きが最初から決まっていて、その動き方を「図」で表すことができるオフェンスのことをいいます。

一方で、モーションオフェンスとは「〇〇だったら、〇〇」みたいな感じで、状況によってプレイを変えていくオフェンスです。

なので、図で表すというよりは、「言葉」でルール化する。それがモーションオフェンスです。

図で表すのがパターンオフェンス

言葉で表すのがモーションオフェンス

ということですね。まずはこれをおさえておきましょう。

もちろん、モーションオフェンスも図で書くことはしますよ。でもそれの動きそのものが大事というより、その考え方を理解することが大事ってことです。

アウトサイドのルール

では、アウトサイドのルールを具体的に紹介しましょう。

  1. トライアングルを保つ
  2. 45度でパスを受ける
  3. トップからパスした後、動きは3つ
  4. ゴール下にステイしない
  5. インサイドのプレイを優先する

1つずついきましょう。

トライアングルを保つ

ガードとフォワードで常にトライアングルを保つようにしましょう。

45度でパスを受ける

45度の位置でパスを受けるようにしましょう。45度というのは

  • フリースローラインの延長
  • 3Pラインの1歩外側

ということです。

なぜ45度がいいのかというと、ここでパスを受けると、なんでもプレイしやすいからです。

  • 1対1
  • ポストへのパス
  • ガードへのパス

すべてがやりやすい位置だからです。

トップからパスした後、動きは3つ

トップからウイングにパスをしたら、基本的には必ず動きましょう。

その動く選択肢は3つです。

  • Vカット
  • バスケットカット
  • スクリーンアウェイ

ボールには寄らずに、ボールマンのスペースを空けるような動きをします。

この3つからどれかを選ぶ感じで動いてください。

ゴール下にステイしない

カットしたとしても、アウトサイドのプレイヤーはゴール下に立ち止まらないようにしましょう。

なぜならばインサイドがいるからです。常にトライアングルを保ちましょう。

インサイドのプレイを優先する

カッティングとポストアップが重なったときは、インサイドに合わせてあげましょう。

たとえば1のカットと4のフラッシュがかぶったとします。

こんなときは、1が逃げて譲ってあげてください。

インサイドのほうが人当たりがあり、難しいので、インサイドを優先させてあげてください。

インサイドのルール

続いて、インサイドのルールです。

  1. ボールサイドは必ずポストアップ
  2. 制限区域の1m外まで
  3. 2人で3角形に動く

ボールサイドは必ずポストアップ

ボールサイドのセンターは必ずローポストアップをします。これが第一のルールです。

制限区域の1m外まで

センターの2人はインサイドでプレイしてください。

目安は制限区域の1m外側までです。

これ以上は外に出ないようにします。

また、アウトサイドのプレイヤーと入れ替わらないようにしてください。

2人で3角形に動く

ハイポスト、ローポストの3角形に動くイメージを持ちましょう。

たとえばハイポストフラッシュして、ハイローを狙う。

シュートまでいけなければ、1にパスを返してダウンスクリーン。

こんな感じで、ハイローの3角形を2人で動くイメージを持ちます。

全体のルール

最後は全体のルールです。

  1. 5角形を保つ
  2. ボールを持つのは2秒まで
  3. 3回に1回はポストにパスを入れる

5角形を保つ

3アウト2インのスペースを保ちましょう。

動きながら、だんだんと狭くならないように気をつけます。

ボールを持つのは2秒まで

一人がボールを長く持つと、ディフェンスが的を絞りやすくなります。

なので、ボールを持つのは2秒までとしましょう。

1対1を仕掛けるか、パスをさばくか。その判断を2秒以内にします。

どんどんボールを動かした方が、ディフェンスは守りづらいはずです。

3回に1回はポストにパスを入れる

インサイドにボールを集めた方が、オフェンスは有利になります。

  • ゴール下のシュートは高確率
  • ファウルをもらうこともできる
  • ディフェンスが収縮してアウトサイドもノーマークになる

こんな理由から、インサイドにパスを入れるべきなんです。

なので目安は、パス3回のうち1回はポストに入れるようにします。

このルールのおかげで、インサイドに入れる意識を持つことができるでしょう。

あなたのチームに合ったルールを作ろう

この記事で紹介したのはあくまで例であり、モーションオフェンスのすべてではありません。

チームの特徴が発揮できるように、あなたのチームに合ったルールを作ってください。

この記事をたたき台として、オリジナルのモーションオフェンスを作ってくれたら、とっても嬉しいです。がんばってください!

参考文献

この記事に共感してもらえたら、次の本もオススメです。

 

わたしは3アウト2インのオフェンスが好きです。それをまとめてあります。この記事の内容がもっと詳しく書かれている本です。

コーチとして、どんなことに注目して試合を見るべきなのか。その入門書も書きました。

 

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!