オフェンス

【バスケ】ホーンセット NBAミルウォーキーバックスのオフェンス

ホーンセット NBAミルウォーキーバックスのオフェンス

 

こんにちは、三原です。

今回は「ホーンセット」の紹介です。

  • なるべくオフェンスをシンプルにしたい
  • 難しいセットオフェンスは苦手

という方にオススメのセットです。

基本のポジションと考え方

ホーンセットとは「牛のツノ」みたいな形です。

1ー2ー2の位置に立って、制限区域のスペースを広く取ります。

ここから動きは無数にあるのですが、

シンプルな考え方は

  • 1・2・3の3人で3対3をする
  • 4・5はコーナーに止まる

という方法です。

シューター2人をコーナーに置くことで、コート上を実質「3対3」にしてしまうのです。

実際の動き

まずは#1が#2にパスをします。

その後、2つの選択肢があり

  • ボールを手渡しパスでもらいに行く(ハンドオフ)
  • ボールと逆に動く(アウェイ)

ということです。

ハンドオフ

ボールをハンドオフでもらいに行きます。

そこでノーマークになれば#1がレイアップです。

このプレイにコーナーからカバーが寄れば、パスアウトします。

この「インサイド・アウト」はすべてのプレイの基本です。

おさえておきましょう!

アウェイ

#1が#3にスクリーンをかけます。

#3は

  • カールカット
  • バックカット

どちらかのコースを走ってゴール下に抜けます。

パスをもらってレイアップです。

または逆に「#3が#1にバックスクリーン」もできます。

ピック

#1がパスを出さず、#2がピックをかけることでできます。

そして#1はドライブです。

#1がドライブできない場合は、

  • #2はゴール下にダイブ
  • #3はポップアウト

というスペースを取ります。

まとめ:「止まっておく」も選択肢のひとつです

いろいろな選択肢があるホーンですが、NBAのバックスが行っているのは、

基本「コーナーが止まっておく」です。

バスケは「ボールを持たない人は、どんどん動け!」と教わることが多いですが、

必ずしもそうではないことがわかります。

止まっておくのも1つの選択肢です。

コーナーにいることでコートを広げる、という方法を頭に入れておきましょう。

 

最後までお読みくださり、感謝しています。

あなたのようなバスケ大好きな方には、ぜひ「バスケの大学・資料室」を見てもらいたいです。

きっとお役に立てる資料があるはずです。

→ 三原学@バスケの大学 資料室

ありがとうございました。それでは、また。

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!