バスケットボールコーチ・三原学のブログ

バスケットボールのディフェンス【ヘルプ・フィル・リカバー】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。

こんにちは、三原です。

お読みくださり、感謝しています。

今回は「ヘルプ・フィル・リカバー」というお話をさせて頂きます。

 

自分たちよりも強いチームと試合をして、ボールがなかなか運べない。ドリブルするとすぐにボールが取られてしまう。何をしていいかわからず、気がつくと点差が離れる。このような経験は、ありませんか?私はよくあります。

このような強いチームは、何が違うのか?それは、これからお話する「ヘルプ・フィル・リカバー」を習得しているから強いのです。

 

当たり前のことですが、バスケットボールでは、ボールは1つしかありません。そして、そのボールを持っている人しか得点できません。

ボールを持っている人は「シュート、パス、ドリブル」と3つのプレイができます。

ディフェンスからすれば、最もされたくないのは「シュート」です。

そして「パス」もされたくありません。パスがつながると、良いシュートチャンスが生まれるからです。

シュートは即得点になる。パスは得点チャンスになる。

しかしドリブルは、ドリブルが終わるまでは得点チャンスは生まれません。

周りの味方も、ドリブルが終わるのを待っているしかありません。

つまり、ディフェンスにとって一番怖くないのは「ドリブル」です。

  • シュートは絶対させない。
  • パスは回されたくない。
  • だから「ドリブルさせろ」。

この「ドリブルさせろ」というのが、ボールマンディフェンスの合言葉です。
ドリブルをしているうちは、得点は生まれない。
これをまずは頭に叩き込みましょう。

そして、今日の本題の「ヘルプ・フィル・リカバー」と何かと言うと、「ドリブルされたときのディフェンスの対応法」ということになります。

  • ヘルプ=ドリブルで抜かれた人を助ける。
  • フィル=空いた穴を埋める。
  • リカバー=元の状態に戻る。

このような意味の言葉になります。

図を見ながら解説していきます。

【ヘルプ】

図では#2がボールを持っています。マッチアップしているBは「ドリブルさせろ」が合言葉です。そして、ミドル方向にドライブさせないことがチームの約束になります。Bはチームの約束通り、ボールマンをエンドライン方向に誘導します。このとき「抜かれた!」と大きな声で回りに伝えましょう。それを聞いたDは、ピストルの姿勢からカバーに出ます。「カバーいいよ!」と大声で叫びながら、思い切り出ていきます。このとき、ゴール下まで突っ込まれると即シュートになるので、上の図のように制限区域の外で捕まえることが理想です。ここまでが「ヘルプ・フィル・リカバー」の「ヘルプ」になります。

【フィル】

次に「フィル」です。Bが方向づけをして、Dがヘルプしました。制限区域の外でボールを捕まえました。しかし、このままではDが元々いた場所がポッカリと空いてしまいます。ちょうどこのような状態で、#4に合わせて動かれたらノーマークでシュートされます。ヘルプした意味が全くありません。

そこで次に必要になるのが「フィル」です。「カバーダウン」とも呼ばれますが、Dがカバーに動いたがために空いてしまったスペースを埋めるのです。具体的には、Cがゴール下まで下がります。こうすれば、#4へのパスはなくなります。「ヘルプ」だけではダメで、「フィル」することがセットになってはじめて穴が埋まるということを覚えておきましょう。フィルがなければ、ヘルプしたことが返って逆効果になり、簡単にシュートチャンスを与えてしまいます。

さて、Dがヘルプし、空いたところをCがフィルしました。このままだと、Cが元々いたフリースローラインがノーマークになります。ちょうど下の図のような状況です。

どうすればよいか?それは先ほどと同じです。Cが元々いたところに、Aがフィルします。具体的には、Aがフリースローラインまで下がるのです。このようになれば、制限区域の中は完璧に守ることができます。

ドリブルをさせる。それをカバー。カバーで空いたところを、さらにカバー。そのまたさらにカバー。というように、「ヘルプ」と「フィル」が連動してはじめて意味があります。声による連絡と、早めの対応がカギです。ぜひくり返し練習しましょう。

 

【リカバー】

今度は「リカバー」です。元のマークマンに戻るという意味です。まずは先ほどの続きの図から。Bが方向づけをして、Dがヘルプし、CとAがフィルした完璧な状況です。これでは#2は全く攻められませんから、パスを返すしかありません。

通常は一番近い#1にパスが返るでしょう。パスが返ると同時に、フィルしたCとAは、自分のマークマンに戻ります。

そして、ボールを手放した#2のディフェンスですが、ここはスイッチします。カバーを「しにいった」Dは、そのまま#2にマッチアップ。カバーを「してもらった」Bは、走り去って#4にマッチアップ。このようにマークマンを入れ替えます。なぜ入れ替え(スイッチ)を行うかというと、ボールを止めた後にマークマンに戻ろうとすると、ボールを持った#2を一瞬ノーマークにしてしまうためです。「スイッチ」という約束にした方が、思い切りよくヘルプに出られると思っています。

これは今まで私が高校生を指導してきた経験上、ヘルプに行くときは「マークマンに戻らなきゃ」という意識が残って中途半端なカバーになるよりは、「マークマンを捨てる」として思いっきりカバーに出たほうが、良いディフェンスができると思っているからです。

いろいろな考え方があり、コーチの方々がルールを決めるといいと思います。私の場合は、スイッチにしている。ということです。ヘルプ・フィル・リカバーがすべて完了すると、上のような図になります。AとCはマークマンに戻り、ボールをカバーしたBとDがスイッチしています。

【ローテーションの例外】

あまり望ましくありませんが、#2から遠くの#4や#3にスキップパスが飛ばされた時の対応です。下の図のような状態です。このような場合、先ほど紹介したようなローテーションをするより、「最も近い人がボールにマッチアップ」というように考えたほうが良いです。具体的には、#4に一番近いのはCなので、Cが#4にクローズアウトします。そして、近い順に、#3にはAが、#1にはBがマッチアップです。ローテーション後はこのようになります。

元々のマークマンと全然違うプレイヤーにマッチアップすることになりますので、あまり望ましくはありません。ディフェンスが難しくなってしまいますから。しかし、緊急事態を乗り切るには、このような状況があることもまた事実です。日頃から声による連絡を大切にして、臨機応変に対応できるよう練習しておくことが大事でしょう。

以上がヘルプ・フィル・リカバーの内容です。複雑で、難しく感じた部分もあると思います。しかし、チームディフェンスを完成させるには欠かせない内容です。最初はコーチと確認して、ゆっくりでも良いので確かめながら練習しましょう。そのうちに、習慣化されます。ゆっくり、考えながらできる。考えなくてもできるようになる。よりスピードを出して、正確にできる。違った状況でも臨機応変に対応できる。このような上達の順番をたどるはずです。ぜひ丁寧に練習しましょう。絶対にチームは強くなりますから。

最後までお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バスケの大学 , 2019 All Rights Reserved.