ディフェンス

マンツーマンディフェンスのヘルプ・フィル・リカバー

こんにちは、三原です。

マンツーマンディフェンスは1対1で守ることが基本ですが、

やはり抜かれることもあるので、ローテーションは大事です。

  • 組織的にディフェンスできない
  • レイアップばかりされる
  • ファウルがいつも多い 

こんな悩みをあなたがお持ちなら、この記事は役に立ちます。

YouTubeの動画講義はこちらを見てください。

音声だけで聞き流しても学べるように作ってあります。

ヘルプ・フィル・リカバーの3段階

ドリブルで抜かれた時、チームでローテーションするには3段階があります。

  1. ヘルプ = ボールマンを止める
  2. フィル = ヘルプに行って穴があいたところを埋める
  3. リカバー = マークマンに戻る

合言葉はノーミドル

そして「ノーミドル」を合言葉にします。

コートの内側にドリブルさせるな!ってことです。

コートの内側にドリブルさせるとディフェンス全員が収縮してしまいます。

こうなるといろんなところにノーマークを作ってしましますね。

だからボールマンはノーミドルで、エンドライン、サイドラインに方向づけしましょう。

方向づけについては別の記事で解説しているので、よかったらそちらを見てください。

ヘルプ

では、ボールの方向づけをして、エンドラインにドリブルさせたとします。

Aは抜かれたのでヘルプが必要です。

こうなったらDがヘルプに出てきます。

このとき大事なことは、ヘルプは制限区域の外でつかまえることです。

(引用:倉石平のディフェンシブバスケットボール

制限区域内まで入られると、苦しいです。

  • そのままシュートされる
  • ステップインされる
  • ファウルが起きやすい

こんな状況になるからです。

フィル

フィルは「埋める」ってことです。

何を埋めるのかというと、カバーに行ったことであいた「穴」です。

Dがカバーに出ました。このことはある意味、自分のマークマンを捨ててていますね。

だから4がゴール下に合わせて動けば、ノーマークになっちゃいます。

これを止めるためには、Cが下がらないとダメです。

この動きが「フィル」です。

降りてカバーするので「カバーダウン」とも呼ばれます。

さらに言えば、Cが動いたあと、フリースローラインがノーマークになります。

そこにBが降ります。

フィルとは、みんなで「カバーのカバー」をすることなんです。

こうなると、完ぺきに制限区域内を守れていることがわかりますね。

リカバー

最後は、マークマンに戻ることです。

カバーされたボールマンは、苦しいのでパスを出すことでしょう。

こうパスを出されたら、

  • Bは2へ
  • Cは3へ

それぞれ自分のマークマンに戻ります。

そして、ここはコーチによって考え方がちがうところですが、

わたしの場合はルプをしたAとDでスイッチをします。

マークマンを入れ替わるわけです。

なぜこうするかというと、ボールマンのディフェンスがあいまいになってほしくないからです。

  • 抜かれた
  • ヘルプに出る
  • ヘルプした人がいなくなる

という順番になると、一瞬ですがボールマンがぽっかりノーマークになりますよね?

なのでわたしは

  • ヘルプに出る
  • そのままつき続ける
  • ヘルプしてもらった人がいなくなる

というようにしたいのです。

この辺はコーチの考え方です。マークマンにそのまま戻るのもいいでしょう。

1つの意見として参考にしてください。

できればローテーションはしたくない

ということでローテーションの仕組みをお話ししましたが、

できればやっぱりローテーションはしたくないです!

なぜって、難しいし、大変だからです。

ちょっとしたことで遅れてノーマークを作ったり、ファウルが起きたりします。

なのでやっぱり1対1で守り切る力をつけることが理想です。

チームディフェンスに頼るのではなく、

練習でも個人の力をつけて、1対1に強くなりましょう。

そうすることがやがてチームディフェンスの強化にもつながります。

「個が弱いのをチームでごまかす」なんてのは、だいたいうまくいきませんからね。

まとめ

今日のまとめ
  • ボールの方向づけはノーミドル
  • 抜かれたらヘルプに出る
  • ヘルプは制限区域の外でつかまえる
  • ヘルプで空いたところをフィル
  • 全員で「カバーのカバー」をする
  • パスが出されたらマークマンに戻る
  • ただしボールマンはスイッチ
  • ボールマンのマークをあいまいにしない
  • これがローテーションのやり方
  • とはいえ、ローテーションは難しい
  • できれば、やっぱりしたくない
  • 1対1で守り切るのが理想

というお話しです。

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる