オフェンス

【NBA】マイアミヒートはなぜ毎年強いのか?【ヒント:オフボールです】

こんにちは、三原です。

マイアミヒートって、なんで毎年強いんですかね?

そりゃ今までも、ウエイドやレブロン、バトラーといったスーパースターはいますよ。

でも「今年はそこまででもないだろう」みたいなシーズンも、ちゃんと勝ってプレイオフにも出ますよね。

わたしはその秘訣を「オフボールのオフェンス」にあると見ています。

いわゆる「合わせのプレイ」がすごくうまいんですね。

そしてこれは、高校生以下の選手もマネできるプレイです。

  • もっと得点力を高めたい
  • オフェンスの指導がうまくなりたい
  • 合わせのプレイについて詳しく知りたい

そんなあなたはこの記事を最後まで読んでください。

YouTubeでも解説しています。プレイの動画もあってわかりやすいです。

また、音声だけを聞き流しても学習できるので、使いやすいように使ってください。

マイアミヒートはなぜ毎年強いのか?

バスケはチームスポーツです。

NBAと言えど、やっぱり個人スキルだけでは勝てないですね。

逆に言えば、個人スキルはチームの合わせで超越できるんです。

言い換えれば、ボールを持っている人が活躍するのではなく、ボールを持っていない人が活躍すれば、チームは強くなるんですね。

で、マイアミヒートはこれが秀逸なんです!

具体的にわたしが注目したオフボールの動きは、以下の3つ。

  1. スプリット
  2. フレアースクリーン
  3. ヘルプサイドカット

NBAにはダンクシュートなど、参考にならない、マネできないプレイがたくさんありますが、オフボールはマネできます!ぜひあなたのチームでもやってみてください。

スプリット

ポストにボールを入れたとします。

そのまま1と2が立ち止まっていると、ディフェンスはカバーに行きやすいですね。

これじゃあ5は1対1で攻められません。

ではどうするか?1と2が入れ替わればいいんです。

この動きをスプリットと言います。

こうすると、ディフェンスは迷うんです。

  • 自分のマークマンについて行こうか
  • ポストのカバーに行こうか

どちらかしか選べないので、とても迷うんですね。

ポストに入れたらスプリット。やってみてください。

フレアースクリーン

スプリットはボールサイドの動きですが、フレアーは逆サイドの動きです。

たとえば、2と5がピック&ロールをしたとします。

そのとき、逆サイドの3と4た立ち止まっていると、ディフェンスはかんたんにカバーに行けますね。

なので動いた方がいいんですが、最も効果的なのは、下から上にスクリーンする「フレアー」です。

こうすると、ディフェンスは上に移動するので、一瞬ゴール下にぽっかりとスペースが空きます。ドライブしやすくなるわけです。

さらに、ボールにカバーが寄れば、コーナーにノーマークができます。

  • カバーが来なければ、そのままドライブ
  • カバーが来れば、コーナーにアシスト

どちらにしても良いシュートで終わることができるんです。

ヘルプサイドカット

最後はヘルプサイドカット。

これはディフェンスが自分のことを見失っていたら、ボールをもらいに走り込むというプレイです。

  • ボールマンがドライブする
  • パスがどんどん回る

こんなとき、オフボールのディフェンスはどうしてもボールが気になります。

そして自分をマークしているディフェンスが「あ、こいつはおれのこと見てないな」と思ったら、ボールをもらいに走り込みましょう。

単純ですが、かなり効果のあるプレイです。

味方がこうやって合わせてくれると、ボールマンもパスという選択肢が増えるので、視野が広くなりますし、プレイに余裕が生まれます。

まとめ

ヒートはなぜ強い?

オフボールの動きがうまい

個人能力はチームで補える

オフボールは高校生以下もマネできるプレイ

具体的には3つ

ポストに入れたらスプリット

逆サイドはフレアー

これらの動きはボールマンにカバーさせない

マークマンが自分を見てないと思ったら、ヘルプサイドカット

周りが合わせに動くと、ボールマンにも余裕が生まれる

というお話です!

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する