オフェンス

【バスケ】ハンマーオフェンス

【バスケ】ハンマーオフェンス

 

動画講義で見たい方はこちらをどうぞ

 

こんにちは、三原です。

先日こういったツイートをしました。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1258214554862907392?s=20

2014年のサンアントニオ・スパーズは、史上最高のオフェンスをしたチームです。

そのオフェンスパターンのひとつがハンマーと呼ばれるプレイ。

かんたんにいうと、逆サイドでのフレアスクリーンのことです。

いろいろなオフェンスと相性がよく、最近ハンマーを使うチームが増えています。

NBAだけでなく、ワールドカップでもたくさん見れました。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1247660262527619072?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1249249166594699264?s=20

ハンマーを4対4で理解しよう

ハンマーのプレイは4対4がわかりやすいので、まずその解説から。

1が2にパスをして、ハンドオフのパスをもらいます。

そのままベースライン側にドライブです。

同時に、4が3にフレアースクリーンです。

「フレアー」ってのは「広がる」の意味。コーナーに向かって広がるようにスクリーンを使います。

 

ベースラインドライブと相性がいい

ベースラインドライブをすると、ふつうのディフェンスはカバーします。

カバーするとゴール下が空くので、ディフェンス全体が下がって埋めます。これをカバーダウンといいます。

ドライブは「カバー → カバーダウン」で止める。これがふつうのディフェンスです。

詳しくはこの記事で解説してますので、よかったらどうぞ。

さて、ドライブと同時に逆サイドがフレアースクリーンをすると、オフェンスの3と4、ディフェンスのCとDの4人が、みんなウイングあたりに固まりますね。

こうなるとベースラインがぽっかりと空くわけです。だからカバーに行けない。

  • ベースラインドライブをする
  • そこを空けるためにフレアー

という2つのプレイはとても相性がいいのです。

コーナーがノーマーク

フレアースクリーンをディフェンスが捨てて、ボールマンにカバーに行くことも考えられます。

こうなったら、完全にコーナーがノーマークですね。

ドリブルでレイアップに行けないかわりに、コーナーにパスを出して3ポイントを打たせます。

スクリーンがかかっているので、カバーダウンに行けませんから、このパスを止める人はいません。

5人目はトップにいる

以上がハンマーの基本的な仕組みです。

実際の試合では5人いますので、もう1人はどこで何をするかというと「トップで止まっておく」が答えです。

ふつうのオフェンスだと、トップで止まるというのは、一番やっちゃいけないことなんです。

理由は、オフェンス的に最も有利なポジションをつぶしてしまうからです。

ここにボールが入れば360度、どこにでもパスやシュートができるので、ふつうは空けておきたいんです。

でもハンマーは狙いがベースラインです。

  • ドライブでレイアップに行く
  • またはコーナー3

この2つが狙いなので、トップは使わないんです。

なので、じゃまにならないように、ここに止まっておきます。

まとめ

ドライブへのカバーに行かせないため、逆サイドでフレアースクリーンをする。

これがハンマーと呼ばれるプレイです。

逆サイドはスペースを取るために広がっておくのが基本ですが、フレアースクリーンを加えるというのも良いアイデアですね。

いろんなオフェンスで使えるので試してみてください。

なお、一番ダメな逆サイドは、なんとなくボールに近づくです。

これだけは絶対ダメで、ドライブしていくスペースがなくなるからです。

ついついボールに吸いよせられるように近づく選手は多いので、そこも注意してみてくださいね。

最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てる資料があるはずです。

わたしの作品集ページになっています。

「バスケの大学・図書館」はこちら

ありがとうございました。それでは、また。

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する