コーチング

ハーフコートしか使えないときの練習の工夫

こんにちは、三原です。

よく、こういった質問をもらいます。

練習でハーフコートしか使えず、何かいい方法がありますか?

わたしは先日、ラジオでこんな話をしました。

  • バスケはオールコートのゲーム
  • ハーフだけの練習も大事だが
  • それだけではうまくなったように見えることがある
  • 実際のゲームで通用しなかったりすることが多い
  • だからオールコートの練習をするべき

そこのコメント欄でも、やっぱりいただいた意見は

体育館が半面しか使えません。何かいい方法はありますか?

メルマガの読者さんからもこの質問はたくさんいただくので、多くの方が悩んでいることなんだなぁって実感しています。

そこでその答えとして、先日こんなツイートをしました。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1331382211182956544?s=20

ということで、この深掘りをしていきます。

むりやりオールコートに見立てる

どんなにせまくても、対になるゴールがあるならば、オールコートに見立てて練習しましょう。

ふつうのコートで3メンクリスをやる場合、パス3回でシュートとかが多いですね。

そこをハーフでやるなら、あえてパス回数を倍の6回に増やして、走る量を増やす感じですね。

ちなみに、クリスクロスの練習方法は、こちらをどうぞ。

【バスケ】体力をつけるための走る練習 クリスクロスの紹介体力をつけるための走る練習 クリスクロスの紹介 バスケの試合で勝つためには、体力が必要です。 そのためには走る練習が欠か...

折り返しの練習を多くする

試合直前のアップって、まさに半面じゃないですか。

あのとき、ほとんどの練習を折り返してやりません?

  • センターラインまで行って、レイアップ
  • 3メンで行って、帰りが2対1
  • 5メンで行って、帰りが3対2

あれと同じように工夫するといいですね。

たとえば

  • エンドからセンターラインまでダッシュして、5対0
  • シェルディフェンスから速攻の走りでセンターラインまで

こんな工夫をして、トランジションのところまでイメージしましょう。

これとか、参考になりますよ。

福岡第一高校のシェルディフェンスです。

練習試合に行かせてもらう

あとはやっぱりゲームをさせてもらうことですね。

出かけて行って、オールコートでゲームをさせてもらう。

これはもはやハーフコートの工夫ではありませんが、やっぱり大事です。

  1. ハーフで練習する
  2. それを週末のゲームでやってみる
  3. また練習を考える

というサンドイッチで練習試合ができるといいですね。

工夫がチームを強くする

恵まれた環境もいいですが、それを工夫でカバーすることで、指導者は知恵がつきます。

また、選手もバスケへの愛着がわくはず。

恵まれない環境をなげくのではなく、いい意味で逆手にとって成長したいですね。

お互いにがんばりましょう!

この内容は、ラジオでもしゃべりましたのでぜひどうぞ。

もうちょっと詳しくお話ししています。

 

 

ABOUT ME
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する