コーチング

ファウルゲームはいつからやるべきか【バスケのコーチング】

こんにちは、三原です。

接戦になり、負けてしまいそうなとき、ファウルゲームという考え方があります。

わざとファウルして、時間を止める作戦です。

「どうせ負けるなら」という捨身の戦法ですが、それだけに難しいです。

  • いつからやるのか
  • どんなファウルがいいのか

これらをまとめました。

接戦に勝ちたい方は、選択肢を広げるためにこの記事をぜひお読みください。

YouTubeでも解説しています。

音声だけでも学べるので、聞き流しでもOKです。

24秒逃げ切られるときはファウル

まず前提として、試合はクリーンであるべきです。

わざとファウルするってこと自体が、本来はバスケットボールの競技精神から外れています。

ただし、接戦を戦う上で、ファウルゲームは有効なことも事実です。

わたしが考える1つの基準はこれですね。

ショットクロックより、ゲームクロックが短ければファウル

たとえば、試合の残り時間が20秒だとします。

そして相手に与えられたショットクロックが24秒です。

こんなときは、そのままボールを回されて終わりです。

なので、こういうときはファウルをして、フリースローをさせて、マイボールにします。

アンスポにならないように

ファウルゲームの目的はフリースローを外させて、マイボールにすることです。

ということは、マイボールにならなければ、何の意味もないわけですよ。

アンスポーツマンライクファウル(アンスポ)をすると、

  • 相手に2ショット
  • さらに相手ボール

これなので、まったく意味がありません。

アンスポになるのは、

  1. 明らかにわざとなファウル
  2. 激しすぎるファウル
  3. ボールにプレイしていない
  4. 残り2分を切って、スローインのボールがインになる前にファウルする

このあたりです。

すごく多いのは4と5。

接戦のときほど、ここに気をつけましょう。

普段から指導者が教えてあげておくべきところでしょう。

その他の特殊なファウル

ファウルっていうのは、がんばってプレイしたけど「やっちゃった」というのがふつうのことです。

でも、そうじゃなくて「わざと」ファウルをするプレイがあります。

いわば裏技でして、あんまりオススメしません。

わたし自身が自分の生徒にやらせたことも、一度もないかも。

でも、知識としては持っているので、紹介だけしておきます。

3点差でわざと2スローさせる

  • 3点自分たちが勝っている
  • 残り時間は数秒

こんなときは絶対にスリーを打たせないディフェンスをしますね。

このとき、わざとファウルして2ショットを打たせてしまい、逃げ切る方法があります。

ただ、これはギャンブルで、バスケットカウントになれば3点取られちゃいます。

アンスポになってもダメだし、フリースローのリバウンドを取られたら逆転されます。

ハイリスク、ハイリターンな戦法ですね。

ハックアシャック

接戦に限らず、フリースローの苦手な選手にわざとファウルする作戦です。

または圧倒的なシューターには、調子に乗らせないためにわざとファウルします。

フリースローを打たせて、調子に乗せない方法です。

20年ほど前に大活躍した「シャック」ことシャキールオニールに対する対策でした。

シャックはゴール下が無敵でしたが、フリースローが苦手だったので、わざとファウルするチームが増えたことが名前の由来です。

とはいえ、ファウルゲームで勝つのは難しい

いろいろ紹介しましたが、ぶっちゃけファウルゲームで逆転した試合を見たことは、ほとんどありません。

やはり、ファウルゲームにならないようにすることが大事ですね。

わたしの経験上、残り1分で5点差以上だと、かなり厳しいです。

そこまでにならないように、試合を進められるといいですね。

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する