オフェンス

フレックスオフェンスの練習方法

こんにちは、三原です。

フレックスオフェンスは、今も昔もすばらしいオフェンスですね。

先日、こういったツイートをしました。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1315397331898957824?s=20

この記事では、フレックスオフェンスを身につけるための具体的なドリルを紹介します。

  1. 3-0のフレックスカット
  2. ダウンスクリーンシューティング
  3. 4アウトのパス回し

この3つを順番にやれば、選手たちはフレックスを覚えることでしょう。

YouTubeでも解説をしていますので、そちらもご覧ください。

音声だけでも学べるようにしていますので、聞き流しだけでもOKです!

3-0のフレックスカット

まずは、エンドライン沿いの3人が練習します。

フレックスカットといういちばん大事な動きですね。

ではまず、このように並びます。

  • 下に3人立つ
  • コーチ2人がパッサー

そして、パスが出されたのと同時に、フレックスカットします。

  • 5がアウトサイドに出る
  • 4がスクリーン
  • 3がカット

パスの動きとカットの動きが、ほぼ同時なことがポイントです。

そして、パスが再び出されたら、フレックスカットをくり返します。

左右対象の動きになります。

何回かパスを続けたら、最後はシュートして終わりましょう。

「5回パスしたらシュート」とかがいいですね。

このドリルで、カットする動作と、そのタイミングが身につきます。

ダウンスクリーンシューティング

フレックスカット(横のカット)を練習したら、今度はダウンスクリーン(縦のカット)を練習します。

こんな感じに並びます。

最初だけ、1と2の場所にいますが、それ以外は全員ガードポジションの後ろに並びましょう。

並んでる人は、全員ボールを持ちます。最初の人(図だと3)だけはボールを持ちません。

そして3が1にダウンスクリーンします。パスをもらってシュートです。

そのあとはこう続きます。

  • 1はシュートしたら自分でリバウンド
  • 3はウイングに出る
  • 4は2にダウンスクリーン

これをどんどんくり返します。

  • 2がリバウンド
  • 4がウイングに出る
  • 5が3にダウンスクリーン

時間を決めたり、「50本決めたらおしまい」とかで取り組むといいですね。

このドリルで、ダウンスクリーンの動作と、シュート練習が同時に行えます。とてもいいドリルです。

 

4アウトのパス回し

これはパスをリズムよく回して動く練習です。

まず4アウトでスペースを取ります。

ボールの逆サイドで、3が1にダウンスクリーンします。

4から1にパスです。

パスをした4は、今度が自分が「逆サイドの人」ですね。

だからダウンスクリーンをします。

これと同時に、1がウイングの3にパスです。

ウイングにパスを出した1は、4と同じような場所にスクリーンします。

これは2へのスタガードスクリーン(時差スクリーン)になります。

2がボールを受けたら、1と4は広がって、4アウトのスペースを取り直します。

そして、逆サイドにパスを展開です。

この次からは

  • 4がボールを持つ
  • 2がダウンスクリーン
  • 1もスタガードスクリーン
  • 3が上がる

このくり返しです。

このドリルでは、パスを回すリズムを身につけることができます。

パス7回以降でシュート、とかでドリルをやりましょう。

最後は5対0→5対5

この3つのドリルをやれば、フレックスの基本的な動きは習得できます。

そしたら5対0をやって、全体の動きを確認しましょう。

そして最後は5対5で試すのです。

今回はフレックスを紹介しましたが、

  1. 分解練習
  2. 5対0
  3. 5対5

という手順は、あらゆるオフェンスで使える練習方法です。

ぜひ参考にしてください!

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!