コラム

「オフェンスの原理・原則 わかりやすく」という手書きのノートを公開しました

こんにちは、三原です。

eluで公開しているノートはこちらです

 

わたしは常にバスケの勉強をしています。

本を読んだり、動画やブログをみたり。

日本のものはもちろんですが、海外のものもチェックします。

そして何より、自分のチームを指導していての気づきが最大の学びです。

 

そんな学んだものをどうしているかというと、ノートに書き残しています。

選手とも交換日記はしていますが、わたし自身も書いているんです。

 

そんなわたしのバスケノートは、ふだん自分しか読まないんですが。

elu というおもしろいサービスが始まったので、それを利用して、みなさんにも少しずつ公開してみました。

先日、実験的に行ったところ、一定のニーズがあったようでして。うれしい限りです。

10部限定で作ったんですが、すぐに完売しました。

 

そして再販を求める声を多数いただきました。

YouTubeのコメント欄でも。

 

ということで、もう一度書いてみました。

今回は、前回の内容をより詳しく、よりわかりやすくノートに書きました。

A4サイズの大きなノートに、見開き1ページでびっしり書いています。

タイトルは「オフェンスの原理・原則 わかりやすく」。

これを見ると「オフェンスはこうやってやればいい」という本質が、わかりやすく理解していただけるはずです

  1. オフェンスの大原則とは?
  2. ペイントアタックする3つの方法
  3. 合わせの3原則
  4. スポット
  5. シュートセレクションの期待値
  6. 基本のモーション
  7. エントリー
  8. 練習方法

手書きの手触り感だったり、「いつも三原はこんな感じでノートにまとめてるのかあ」と思ってもらえるとうれしいです。

本当に必要な人にだけ届けたいので、数量は限定しています。

あなたの手に届くとうれしいです。もしよければぜひのぞいてみてください!

 

eluで公開しているノートはこちらです

 

ありがとうございました。三原学でした。それでは、また!

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!