オフェンス

【バスケ】ドリブルが止まった時の合わせ(ドロップ)【ドリブルドライブモーション】

【バスケ】ドリブルが止まった時の合わせ(ドロップ)【ドリブルドライブモーション】

 

こんにちは、三原です。

この記事では

  • ドライブでリングに攻めた
  • でも抜けない
  • ドリブルが止まっちゃった

そんなときに周りの4人がどう合わせて動くのかを具体的に説明します。

注目の戦術、ドリブルドライブモーションの理論です。

動画講義はこちらです。

抜けない時はドロップゾーンで止まる

ドライブの最初の目的は、もちろんレイアップに行くことです。

でもディフェンスが下がっていたりして、明らかに抜けない時は、

あえてドロップゾーンで止まりましょう。

ドロップゾーンとはフリースローラインの角です。

ここで止まることで、周囲に「動いてくださいね」というサインを与えます。

最初はバックドア

#1がドライブして、#2がコーナーにいます。

#1がドロップで止まったとき、#2の選択肢は2つです。

  • バックドアに抜ける
  • ボールをもらいに上がる(キックアップ)

順番としてはバックドアを狙ってから、ダメだからキックアップ、という順で狙います。

最初からなんとなく上がらないでください。

#1のドライブがスピードあふれるものならば、コーナーのディフェンスはボールを見るはずです。

その瞬間、#2はいきおいよくダッシュすれば、バックドアにパスが通るでしょう。

センターはTアップ

#2のバックドアにパスが通ったら、もちろんシュートします。

でもこのとき、だいたい逆サイドのローポストにセンターがいますから、そのまま止まってると邪魔です。

サークルルールにしたがって、円を描くように動いて合わせましょう。

ちょうど、コーナーからベースラインドライブした時と同じになります。

こうするとディフェンスDも#4といっしょに上に上がるので、ゴール下にスペースができます。

もしDが#4を捨ててカバーにきたら、パスを出せば#4がノーマークです。

このようにセンターがリングの正面に合わせる動きをTアップと言ったりします。

ちなみに、ドライブへの合わせを復習したい方は、過去記事をどうぞ。

→ 【バスケ】ドライブへの合わせ方【ドリブルドライブモーション】

もらえなくても走りきる

バックドアに抜けたら、パスがもらえなくてもコーナーまで行きます。

中途半端に戻ったりすると、パスを出すのが迷ってミスになるからです。

走り抜ければ、ディフェンスもいっしょについて行くので、スペースが空きます。

なのでバックドアは始めたら走り抜けてください。

センターのフラッシュ

空いたスペースを使うプレイです。

#2が抜けた瞬間、センター#4がハイポストにフラッシュします。

スペースが広いので簡単にボールがもらえるはずです。

パスを出したら#1は走ります。

このようにボールをつなぐと、2対1の数的優位を作ることができますね。

パスアンドランで攻めるわけです。

なお、#4がパスすると見せかけて自分で攻めちゃうのも効きますよ。

まとめ:タイミングが命です

  • ドロップで止まった
  • バックドアに抜ける
  • センターフラッシュ

まとめるとこの3段階ですね。

プレイそのものはシンプルです。

でも実際プレイしてみると、けっこう難しく感じるかもしれません。

バックドアやフラッシュはタイミングが命なのです。

練習しておかないと、試合ではできません。

逆に言うと、練習しておいてタイミングが合えば、

どんな試合で、どんな相手にも通用するプレイになります。

やっておいて損のない、いややっとかなきゃダメなプレイです。

「ドリブルが止まったら、どうするか」をぜひ練習しておきましょう。

 

参考文献

ドリブルドライブモーションについて、わたしなりにまとめた本がこちらです。

アマゾンのアンリミテッドの方は無料で読めます。

ちなみに「noteの方が読みやすい」という方はこちらをクリックしてください。

 

動画で見たい方は、日高先生のDVDがおすすめですね。

塚本さんの本もいいですよ。訳本です。練習法とかがめちゃ詳しく書いてあります。

最後までお読みくださり、感謝しています。

 

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・資料室」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てる資料があるはずです。

→ 三原学@バスケの大学 資料室

ありがとうございました。それでは、また。

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!